住みながら不動産を売却する方法やメリットを押さえよう!

住みながら不動産を売却する方法やメリットを押さえよう!

不動産を売る際は、先に空き家にしてから売却活動を始めたほうが、いろいろと便利な面もあります。
けれども、資金の状況などによって実現が難しい場合は、住みながらの売却もおすすめです。
今回は不動産の売却を検討されている方や控えている方に向けて、住みながら売る方法やメリット、注意点などについてご説明します。

サイトへのお問い合わせはこちら

不動産に住みながら売却するのはおすすめ?①方法について

住みながら売却する方法は、空き家にしてからの場合とそれほど変わりません。
まず、不動産会社などに査定を依頼して、自分でも相場を調査しながら売却価格の目安を決めます。
その過程で信頼できる不動産会社を選び、媒介契約を結び、売却活動を始めます。
希望者の内覧に対応して、購入を決めてもらえたら契約し、所定の手続きを経て引き渡しです。
なお、初めから空き家のときと違い、引き渡しまでに荷物を移動・処分する必要がありますから、しっかりと計画を立てて行動しましょう。

不動産に住みながら売却するのはおすすめ?②メリットについて

大きなメリットは、売却で得たお金を新居に使えることです。
どのくらいのお金が入るのか把握できるので、新居に使える金額も設定しやすいでしょう。
また、住宅ローンが残っている場合は、新居との二重ローンを防ぐこともできます。
ですから、資金に余裕のない場合には、とくにおすすめの方法だといえるでしょう。

不動産に住みながら売却するのはおすすめ?③注意点について

注意点は、内覧の際の印象が悪くなる可能性があることです。
内覧は、購入希望者の物件に対する印象が決まるため、売却を成功させるための重要なポイントです。
よい印象を与えられれば成功する可能性が高まりますし、悪い印象を持たれてしまうと買ってもらえません。
空き家なら、家具や家電がない状態なので、「スッキリしている」「広い」「きれい」などの好印象につながりやすくなります。
住みながらの売却では、家具や家電がそのままの状態であることも多いので、よい印象にするための工夫が必要です。
できるだけ整理整頓して、この機会に不要なものは処分しましょう。
また、内覧の予定がいつ入るかわからないことも注意点です。
なるべく対応できるように予定は空けておき、こまめな掃除を心がけるなど、しっかりと準備を整えておきましょう。

まとめ

家は、住みながらでも売却できます。
先に新居を買うお金がないときなどにこの方法を選ぶと、売ったお金を使えるので、資金に余裕が持てるでしょう。
スムーズに進めるためには、とくに内覧における注意点をしっかりと把握しておきましょう。
埼玉不動産売却・買取査定ナビは、埼玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
売却・買取のお問い合わせはこちらをクリック↓

サイトへのお問い合わせはこちら

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事