不動産売却の「按分」はなぜ必要!?注意点や按分の仕方

不動産売却の「按分」はなぜ必要!?注意点や按分の仕方

不動産売却をするとき、お金にまつわる必要な知識に「按分」があります。
按分をすることが、よりスムーズで納得のいく不動産売却にもつながります。
ぜひ、この機会に按分とはなにか、方法や注意点もあわせてチェックしてください。

サイトへのお問い合わせはこちら

不動産売却での「按分」とは土地と建物の内訳

不動産売却を検討されている方が、ぜひ知っておきたい按分(あんぶん)。
按分とは、「土地」と「建物」がそれぞれいくらか、不動産の内訳を決めるものです。
通常、広告などで見かける価格もひとつにまとめたものが多いです。
しかし、そのままでは「消費税」などの計算ができません。
建物は経年劣化もしますし、消費するものとして課税されます。
しかし、土地は消費されないものと見なされ、消費税もかかりません。
そのため、按分の必要性がでてきます。

不動産売却での「按分方法」は合理的な選択を

不動産売却をするときの「按分の方法」にはいくつかあります。
決まりなどがないために、不動産売却の当事者となる「売主と買主の間で、話し合って決める」ことも可能です。
しかし、話し合いでは双方の考え方の違いなどで、なかなかまとまりません。
そこで、合理的な手段として、固定資産税評価額を用いて決める用法や、不動産鑑定士によって評価してもらうというやり方もあります。
とくに、不動産鑑定士に依頼すると費用も高額になるため、固定資産税評価額を用いるのが一般的といえるでしょう。
固定資産税評価額とは、固定資産税を割り出すための評価額です。
計算方法も決まっているので明確で、国税庁もおすすめする按分の仕方になっています。

不動産売却で按分するときに気をつけたい注意点

不動産売却で按分するときの注意点には、「当事者がともに納得できるか」がポイントであげられます。
売主は建物の比率を低くしたいと考え、一方、買主は消費税を支払うと後日控除で還付金を得られるため、比率を高めたいと考えます。
双方の建物に対する希望が食い違うため、トラブルになるケースも見られます。
そのため納得できる合理的な方法で取り決めることが大切です。
同時に、客観的にみても偏りのない内訳にすることが求められます。
建物が低すぎると、減価償却費において、買主が適正を欠くと問題になる可能性があるので注意点です。

まとめ

不動産売却において、第三者がみても、一方的な偏りのない土地と建物の内訳にすることは大切です。
耳慣れない按分ですが、合理的な方法から取り決めていきましょう。
当事者同士が納得できるスムーズな取引を目指したいですね。
埼玉不動産売却・買取査定ナビは、埼玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
売却・買取のお問い合わせはこちらをクリック↓

当サイトへのお問い合わせはこちら

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事