不動産を売却する際に知っておきたいインスペクションとは?

不動産を売却する際に知っておきたいインスペクションとは?

「不動産を売却するときは、インスペクションを実施したほうがいい」と聞いたことがあるかもしれません。
なぜおすすめなのか、メリットを知って理解しておきましょう。
今回は不動産の売却をご検討中の方に、インスペクションのメリットとともにデメリットや注意点についてもご説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の売却では実施がおすすめ?インスペクションのメリットとデメリット

インスペクションは、専門家によって住宅の状態を調査してもらうことです。
基礎や土台、柱や屋根など、自分では確認が難しい部分についての状態を知ることができます。
売却の際に実施するメリットは、買主に安心感を与えられること。
購入しようとしている住宅について、専門家による診断結果があれば、買主は不安なく買うことができます。
そのため、実施していない住宅よりもスムーズな売却が期待できるでしょう。
また買主だけではなく、売主の安心にもつながります。
それは、「契約不適合責任」の制度があるからです。
売ったものの品質が契約の内容と違う場合、売主の責任が問われる制度です。
中古住宅には、自分が把握していない不具合があるかもしれません。
売却後にそのような箇所が見つかると、修繕などを請求されることが考えられます。
その点インスペクションを実施すると、住宅の状態をきちんと把握できるため、契約書にもれなく記載することが可能になるでしょう。
さらに、売却価格設定の説明材料にもなることもメリットです。
「なぜこの価格なのか」について根拠を交えて説明できると、買主に納得してもらいやすく、希望価格での売却にもつながるでしょう。
デメリットは、調査に時間や費用がかかること。
売却を急いでいるときや、費用を節約したいときは、実施しないリスクをしっかりと理解したうえで判断しましょう。

不動産の売却でインスペクションを実施する際の注意点

先述したように、実施には時間や費用が必要です。
通常は依頼から完了まで1~2週間ほどかかり、費用の目安は5万円前後といわれています。
また、実施の結果見つかった不具合について、修繕する必要が生じるかもしれません。
ただし、実施しないで売却後にその不具合が見つかると、契約不適合責任を問われる可能性もあります。
そのような不安をなくすためにも、実施はおすすめだといえるのではないでしょうか。

まとめ

不動産を売る際には、インスペクションの実施がおすすめです。
メリットがたくさんあり、売主と買主のどちらの安心にもつながります。
費用や時間がかかるなどの注意点も理解したうえで、実施について考えてみましょう。
私たち埼玉不動産売却・買取査定ナビは、ふじみ野市の売買物件を中心に取り扱っております。
不動産のプロとして、お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事