不動産の売却が長引くのはなぜ?理由を知って対処しよう!

不動産の売却が長引くのはなぜ?理由を知って対処しよう!

不動産をなるべく早く売りたいのに、売却が長引くこともあるでしょう。
いろいろな原因が考えられますから、思い当たることがあったら、対処法を実践してみましょう。
今回は不動産の売却をご検討中の方に向けて、長引く原因や対処法などについてご説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の売却が長引くことを防ごう!①なかなか売れない原因とは?

不動産が売れないときは、以下のような原因が考えられます。

●価格設定が適切ではない
●条件のよい競合物件がある
●物件に不具合が多い
●汚れが目立つなど、印象がよくない
●売り出してから時間が経っている


時間が経つと新着物件の扱いではなくなり、探している人の目に留まりにくくなってしまいます。
そうなる前に、できるだけ売却を成立させましょう。

不動産の売却が長引くことを防ごう!②なかなか売れないときの対処法とは?

売りに出している不動産の買手が見つからないときは、状況を確認してみましょう。
買手は「内見」で物件を実際に見て、購入を決断することが多くあります。
つまり、まず内見してもらわないと、売却に結び付かないのです。
もし内見の問い合わせが少ないようでしたら、設定価格に問題がある可能性が考えられます。
不動産は適正価格に設定することが大切ですから、相場よりも高くないか、一度確認してみましょう。
チラシやインターネットに掲載している情報を見直して、見た人が魅力を感じる文章や写真に変えることもおすすめです。
また、内見する人はいるのに売れないときは、物件の状態をチェックしましょう。
内見でよい印象を感じないと、なかなか購入には踏み切れないものです。
整理整頓や掃除はしっかりと行い、当日は換気や部屋の明るさ、応対にも気を配りましょう。
もし雨漏りなどの不具合や設備の古さが原因になっていそうな場合は、修繕やリフォーム・リノベーションの検討もおすすめです。
その際は、不動産会社と相談しながら内容を決めましょう。

不動産の売却が長引くことを防ごう!③通常はどのくらいの期間で売れるの?

売却にかかる期間は、通常3~6カ月といわれています。
もちろん、人気の高い立地などはもっと早く売れることもありますし、反対に半年以上の期間がかかる物件もあるでしょう。
不動産は、時間が経つとどんどん売れにくくなってしまいます。
すると、値下げしても効果が期待できなくなる可能性もあります。
そうなってしまう前に思い切った値下げを実行することも大切です。
「この金額までなら下げてもいい」と考える値段を事前に決めて、必要に応じて値下げを検討しましょう。

まとめ

不動産がなかなか売れないときは、まず原因を考えてみることが大切です。
そして原因がわかったら、それに合わせた対策を実践しましょう。
あまり長引くこともよくありませんから、一般的にかかる期間を目安にして、時には思い切った対処法も実行しましょう。
私たち埼玉不動産売却・買取査定ナビは、ふじみ野市の売買物件を中心に取り扱っております。
不動産のプロとして、お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事