路線価とは?不動産の売却価格にあたえる影響とその理由

路線価とは?不動産の売却価格にあたえる影響とその理由

「路線価」という言葉をご存じですか?
不動産の売却を検討している方であれば、ぜひ理解を深めておきたい不動産用語です。
そこで今回は、不動産の売却価格に大きく関わる「路線価」とは何なのかについて、そして路線価がどのように価格に影響してくるのかについてもご紹介していきます。

サイトへのお問い合わせはこちら

不動産売却の価格を左右する路線価とは

まず「路線価」とは、不特定多数の人間が往来する「主要道路」に面する、宅地1平方メートルあたりにつけられた評価額のことです。
路線価には「相続税路線価」と「固定資産税路線価」が存在しますが、不動産売却の際に語られる路線価とは、ほとんどの場合「相続税路線価」を指しています。
ちなみに、路線価という名称ですが、電車の路線とは特に関係がありません。
相続税路線価は相続税を計算する際に必要な数値で、毎年7月に国税庁から発表されています。
インターネット上に公開される「路線価図」をもとに、売却不動産の「路線価を基準とした評価額」を計算しましょう。
路線価図上では、全国の主要道路それぞれに土地の単価が記載されています。
国内約38万地点ものポイントで単価が記されているので、おおよそのエリアが網羅されているといえます。
記されている単価は「その道に面している土地の1平方メートルあたりの評価額」で、1000円単位の表記です。
その単価に売却不動産の土地面積をかけることで、その土地の「路線価を基準とした評価額」を算出することができます。
もし路線価図に売却不動産の土地が載っていない場合は、各都道府県のホームページに掲載されている「価値倍率票」を参照してみましょう。

路線価は売却不動産の価格にどう影響する?

その土地の価値を表す「路線価」は、売却不動産の価格を査定する際に、重要な基準としてもちいられます。
建物自体は築年数が長くなるほど価値が下がるとされていますが、土地に関しては経過年数で価格が下がることはほとんどないからです。
そのため、多くの不動産会社は、売却不動産を査定する基準として「土地の価値」を重視しています。
ちなみに、不動産価格が路線価の影響をもっとも大きく受けるのは、最新の路線価が発表される毎年7月頃。
そこから、時間がたつにつれて徐々に影響力が小さくなっていく傾向にあります。

まとめ

実際の売却価格には路線価以外の要素もいろいろと関わってきますが、路線価は査定額の基準を知る目安として理解しておきたい言葉です。
路線価は国税局のホームページのほか、家の近くの税務局でも見ることができるので、ぜひ一度目をとおしてみてくださいね。
埼玉不動産売却・買取査定ナビは、埼玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
不動産売却・買取はこちらをクリック↓

サイトへのお問い合わせはこちら

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事