遠方に所有している不動産を上手に売却するためのポイントとは?

遠方に所有している不動産を上手に売却するためのポイントとは?

相続などで遠方に不動産を所有しているけど、面倒でそのままにしているという方はいませんか。
空き家の状態で長く放置すると劣化が早まってしまうため、早めに対処したいところですね。
そこで今回は、遠方に所有している不動産の売却にフォーカスします。
遠方での売却方法や流れ、注意点について深掘りするので、今後の参考にしてみてください。

サイトへのお問い合わせはこちら

遠方に所有している不動産の売却方法とは?

遠方に所有している不動産でも、以下の2つの売却方法によって、立ち会いせずに取引することが可能です。

持ち回りによる契約方法
売主・買主・仲介に入る不動産会社の3者の間で、契約書を郵送し合う方法です。
買主の承諾があれば、実際に立ち会いをしなくても、契約が成立します。

代理人を立てる契約方法
代理人の立ち会いにより、契約する方法です。
契約書へのサインや押印は代理人がおこないますが、責任の所在は売主のため、注意しましょう。
代理人は、下記の2パターンです。

●司法書士
報酬の支払いが必要ですが、専門知識があるため、安心して依頼できます。

●親族や知人
該当物件に出向きやすい場所に居住している親族や知人に依頼することも可能です。

遠方にある不動産を売却するときの流れをチェック

遠方にある不動産を売却するときの流れは、一般的な売却と同じです。

●査定→不動産会社の選択と媒介契約→売却活動→売買契約→引き渡し
遠方にいても、まずは物件の情報を提示すれば査定(机上査定)してもらえます。
専任媒介契約を結ぶと、売却活動について報告の義務があるため、安心です。
契約については、先述した2つの方法から選択して対応しましょう。
引き渡しの際も3者で立ち会うのが一般的ですが、それも難しい場合は、代理人(親族や司法書士)を立ててくださいね。

遠方の不動産を売却する際は注意点にも着目!

最後に、遠方の不動産を売却する際の注意点についてご説明します。

信頼できる不動産会社を探す
立ち会いに本人がいない場合、なかには不正をはたらく不動産会社も存在します。
不動産の所在地のエリアに強い、信頼できる担当者をみつけることが大切です。

売却活動の報告を受ける
遠方にいる場合、売却活動の情報を把握しにくいため、定期的に報告を受けられるように専属媒介契約を結ぶのがおすすめです。

できれば現地に赴く機会を設ける
実際に媒介契約を依頼する不動産会社と対面しておくと、仕事ぶりがわかりやすく、仲介を依頼しやすいメリットがあります。
まとめ
今回は、遠方に所有している不動産の売却について詳しくご紹介しましたが、いかがでしたか。
遠方での不動産売却は通常の売却に比べると手間や時間が必要ですが、工夫すれば、何度も現地に出向くことはありません。
経験の豊富な不動産会社と協力して、売却を成功させましょう。
埼玉不動産売却・買取査定ナビは、埼玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
不動産売却・買取のお問い合わせはこちらをクリック↓

サイトへのお問い合わせはこちら

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事