リースバックで不動産を売却するメリットとデメリットとは

リースバックで不動産を売却するメリットとデメリットとは

「リースバック」という言葉をご存じですか?
不動産の売却方法のひとつで、「住み替えをしたいわけじゃないけれど、資金面の理由で不動産を売却しなくてはならない」という方に、特におすすめのシステムです。
そこで今回は、リースバックとは何なのかについて、そしてリースバックを利用して不動産を売却するメリットやデメリットについてもご紹介していきます。

サイトへのお問い合わせはこちら

不動産の売却方法のひとつ!リースバックとは

リースバックとは、自宅を売却したあとも、その売却した自宅に住み続けることができる不動産売却システムです。
売却後はその不動産の所有者ではなくなるものの、不動産を買い取った不動産会社や買主と賃貸契約を結ぶことで、借主として家賃を支払いながら居住を続けます。

リースバックを利用して不動産を売却するメリットとデメリット

リースバックを利用する大きなメリットとしては、不動産を売却することで資金を調達しつつも、生活を変えず同じ家に住み続けられるということです。
思わぬリストラや病気でまとまった額の現金が必要になったときはもちろん、退職後の生活費や子どもの学費など、資産を現金として置いておきたいと考える方にはメリットの多い方法なのではないでしょうか。
住宅ローンの支払いが苦しいという方であれば、不動産売却で得たお金を、今後は家賃の支払いにあてることも可能です。
別の家に住み替えなくていいので、引越しに伴う手間やコストがかからず、子どもを転校させる必要もありません。
何より、売却したことが周囲の人間にバレないので、あれこれと事情を詮索されなくてすみますね。
持ち家から賃貸へ切り替わることで、固定資産税や修繕費などのコストを省ける点も、大きなメリットのひとつといえるでしょう。
一方、リースバックにもデメリットといえる点はあります。
まず、売却価格が一般的な不動産売却よりも安くなってしまう傾向にあるということ。
売却したお金で住宅ローンの一括返済をすると、その時点でほとんど現金が残らない場合もあります。
売却後も住宅ローンの代わりに家賃の支払いが続くので注意が必要です。
また、住宅ローンとは違い、家賃を支払い続けたからといって不動産が資産として残るわけではないことも理解しておきましょう。
ちなみに、リースバックには利用条件があり、そもそも住宅ローンの残高が不動産の売却額を上回っている「オーバーローン」の状態であれば利用できないので注意してください。

まとめ

リースバックには、慣れ親しんだ自宅に住み続けたまま不動産を売却できるという、他の売却方法にはないメリットがあります。
とはいえ、家を売却するということは「資産を手放す」という意味であることを忘れずに、慎重に検討してみてくださいね。
埼玉不動産売却・買取査定ナビは、埼玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
不動産売却・買取のお問い合わせはこちらをクリック↓

サイトへのお問い合わせはこちら

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事