オーバーローンの不動産は売却できる?その対策と注意点とは

オーバーローンの不動産は売却できる?その対策と注意点とは

「オーバーローン」という言葉をご存じですか?
不動産売却の経験があれば、耳にしたことがあるかもしれません。
また、オーバーローンの状態でも不動産を売却できるのかと不安に感じている方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、「オーバーローン」とは何なのかについて、そして売却不動産がオーバーローンだったときの対策法についてもご紹介していきます。

サイトへのお問い合わせはこちら

オーバーローンとは?不動産売却ができない可能性も

「オーバーローン」とは、住宅ローンの残債が不動産の売却価格を上回っている状態のことです。
逆に、住宅ローンの残債が売却価格より少ない状態を「アンダーローン」と呼びます。
住宅ローンが完済できていない物件には、ローンの返済が困難になった際に金融機関が住宅を担保として差し押さえるための「抵当権」が付いています。
基本的に、この抵当権を外さないと不動産を売却できないため、オーバーローンの状態では不動産売却が難しいと考えておきましょう。

オーバーローンの不動産を売却する際の対策とは

オーバーローンの不動産でも、売却する方法がゼロというわけではありません。
対策として、まずはオーバーローンの額を把握するため、金融機関にローンの残額を確認し、同時に売却する不動産の査定を進めます。
その際に注意すべきなのが、売却にもいろいろな諸費用がかかるため、売却額をまるまる住宅ローンの返済にあてられるわけではないということ。
特に仲介手数料は100万円を超えることもあるので、しっかり計算に入れておきましょう。
算出したオーバーローンの想定金額が比較的少ない場合は、預貯金などの自己資金をあてがったり、とりあえずは親族から借りて支払うなどの方法を検討します。
もしそれらの方法で補いきれない額だった場合は、「住み替えローン」という対策法も視野に入れてみましょう。
住み替えローンとは、売却する家のローン残債と、新たに購入する家のローンをひとまとめにしてしまうローンのこと。
ただし、あくまで支払いを先送りするだけの対策法なので、利用の是非は慎重に検討してください。
また、住み替えローンでは一般的な住宅ローンよりも審査基準が厳しかったり、金利が高い傾向にあることも理解しておきましょう。

まとめ

「オーバーローン」が問題として浮上するのは、不動産を売却するときです。
住んでいる家がオーバーローンの状態でも、そのまま返済を続けながら住み続けるのであれば問題となることはありません。
そのため、オーバーローンの不動産を売却する際は、本当に売却が必要なのかどうかについても慎重に検討することをおすすめします。
埼玉不動産売却・買取査定ナビは、埼玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
不動産売却・買取はこちらをクリック↓

サイトへのお問い合わせはこちら

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事