不動産売却における残置物撤去の是非とは?安く処分する方法は?

不動産売却における残置物撤去の是非とは?安く処分する方法は?

不動産売却ではスケジュールに余裕がなくて荷物をすべて処分できないこともあります。
売却時に残置物が残ってしまった場合、売却は可能なのでしょうか。
今回は不動産売却をお考えの方に向けて、残置物撤去の是非や撤去方法についてお伝えします。

サイトへのお問い合わせはこちら

不動産売却の残置物撤去の是非は?荷物が残っていても売却できる?

不動産売却における残置物の撤去の是非ですが、すべての荷物を片付けて部屋を空っぽにするのが原則です。
売主が責任をもって処分してから引き渡すのが原則で、住みながらの売却でないのであれば内見の前には空っぽの状態にしておいたほうが売却活動が成功につながりやすいでしょう。
またレアケースではありますが残している家具や家電によっては買主側から歓迎されることもあります。
エアコンや照明、シューズボックス、カーテンレールなど必ず必要な家具や家電なので、状態の良いものであれば売却活動のプラスに働くかもしれません。
しかし価値のある家具や家電であっても売却価格に上乗せすることは難しいでしょう。
基本的には残置物は処分する方向で、引き渡しや売却活動のスケジュールに合わせて計画的に撤去するのがおすすめです。

処分は計画的に!不動産売却で残置物を撤去する方法は?

残置物を撤去する方法は大きく二つ、ご自身で処分するか業者に依頼するかになります。
費用を少しでも抑えたい方は、ご自身で処分するのがおすすめです。
時間と手間はかかりますが、リサイクルショップやフリマアプリなどを利用して処分すれば思わぬ臨時収入にもなります。
粗大ゴミは指定店舗や自治体の回収施設に持っていくと費用が抑えられます。
パソコンや液晶ディスプレイは購入元のメーカーが無償回収していることもあるので調べてみるのがおすすめです。
粗大ゴミの回収を依頼する場合は時期によっては混み合ってしまい引き渡しに間に合わないことがあるので、早めに動き出しましょう。
次に業者に依頼して引き取ってもらう場合ですが、こちらは撤去費用はかかりますがスケジュールに余裕がない方におすすめです。
撤去費用の相場は10万円以上で、費用を抑えたい場合は数社に依頼して見積比較をしてみましょう。
安心して撤去をお願いできる回収業者に任せたい場合は、しっかりとした実績がある会社を選定しましょう。
また引っ越し会社によってはオプションで不用品の引き取りをおこなっていることもあります。

まとめ

今回は不動産売却をお考えの方に向けて、残置物撤去の是非や撤去方法についてお伝えしました。
不動産売却では残置物は残さないのが原則ですが、ものによっては受け入れてもらえることもあるのでケースバイケースです。
基本的にはすべて撤去することを前提にスケジュールや予算を組むことをおすすめします。
埼玉不動産売却・買取査定ナビは、埼玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
不動産売却・買取のお問い合わせはこちらをクリック↓

サイトへのお問い合わせはこちら

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事