不動産相続で不動産を売却するタイミングはいつがおすすめ?

不動産相続で不動産を売却するタイミングはいつがおすすめ?

家族や親族が亡くなると、自宅や土地などを不動産相続をするケースも多いでしょう。
不動産相続で売却をする場合、相続前と相続後のどのタイミングがおすすめなのでしょうか。
今回は不動産相続を予定されている方に向けて、相続した不動産の売却タイミングについてご紹介します。

サイトへのお問い合わせはこちら

不動産相続前のタイミングで売却をする場合の特徴は

不動産相続前のタイミングで売却しておくと、相続される遺産は現金になるので相続人が複数いても分割しやすいです。
土地や建物は公平に分割するのは難しいので、売却して現金化するのか、分筆するのか、全員で共有するのか、誰かが不動産を引き継いで差額を現金で支払うなどの方法から選ぶ必要があります。
どうやって分割するかを決めるにはすべての相続人の同意が必要なので、意見の食い違いによるトラブルに発展する可能性ありますね。
また相続税の支払いに関しても現金の遺産があれば困ることはありません。
相続不動産が遠方であっても、すでに売却していれば空き家の管理や売却に関するわずらわしさもありません。
売却することで場合によってはその利益に税金がかかりますが、相続前であればマイホーム特別控除が適用できます。
一方で税制面に関しては相続後の売却のほうがお得と言えます。
現金よりも不動産のほうが相続税の評価を下げることができるので、相続税が安くなる可能性が高いです。

不動産相続後のタイミングで売却をする場合の特徴は

不動産相続後のタイミングで売却すると、先ほどもふれたように相続税に関して有利です。
また売却した際に発生する譲渡所得に関しても節税が可能です。
譲渡所得は売却金額から取得費や売買にかかる費用を差し引いた額に課税されますが、相続税を取得費に含めることができるためです。
さらに小規模宅地等の特例もあり、被相続人と一緒に住んでいた土地であれば相続税が最大で8割減額されます。
土地の広さが330㎡以下であれば適用可能ですが、二世帯住宅などは登記の状況によりますので個別に判断されます。
一方で兄弟や親戚などの相続人が多い場合、遺産分割に関するゴタゴタが発生するリスクがあります。
また売却の決断がつかずに空き家のまま放置していると、新たな問題が発生することもあります。
災害などによって倒壊の恐れがある場合は特定空き家に指定され、固定資産税の軽減が認められなくなり維持費もかさみます。

まとめ

相続前に不動産を売却すれば遺産相続トラブルは回避できますが、税金面でメリットが多いのは相続後です。
相続人同士の関係性や相続不動産が自宅なのかなど、個別のケースを配慮して売却タイミングを検討しましょう。
埼玉不動産売却・買取査定ナビは、埼玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
不動産売却・買取のお問い合わせはこちらをクリック↓

サイトへのお問い合わせはこちら

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事