不動産を売却するとき太陽光発電をどうする?

不動産を売却するとき太陽光発電をどうする?

「不動産を売ろうと悩んでいるけれど、どうしたら良いのだろう」「太陽光発電があると、通常とは違う流れになるのだろうか」このように考える方もいるでしょう。
今回は、不動産を売却するときに太陽光発電が付いている場合の方法について、解説していきます。
これから売却を検討している方は必見です。

サイトへのお問い合わせはこちら

不動産売却時の太陽光発電:方法

通常の売却に比べ、太陽光発電が付いている物件は相場が高くなる場合もあります。
これは、設置からの年数によって異なります。
設置から10~15年以内であれば価値が高いと判断され、それ以上の期間が過ぎていると価値が低いと判断されます。
判断理由として、メーカーのシステム保証が付いているかどうかがアピールポイントになる点でしょう。
メーカーのシステム保証が付いているということは、なにかトラブルが起きたときに対応できることが最大のメリットでしょう。
たとえメーカーの保証期間が過ぎていても売れない、かならず価値が下がるというわけではありません。
災害時の蓄電池、自家消費して固定費の軽減を考えている方にとっては、保証期間を超えていても魅力に感じるでしょう。
とくに蓄電池設備が付いている場合は、大きなセールスポイントになります。

不動産売却時の太陽光発電:手続き

太陽光発電つきの物件を売却する場合は、通常の物件売却とは異なる手続きが発生します。

●経済産業省へ名義変更
●電力会社へ契約者や口座の変更
●太陽光発電協会へ財産処分承認申請


経済産業省への名義変更手続きは、名義を売主から買主へ変更します。
所有者、場所、容量、規模が記載されている事業計画認定の所有者が変更するため、手続きが必要になります。
電力会社への契約者や口座の変更は、売電時の振り込みのために必要です。
これを忘れてしまうと物件を売ったあとでも、売電価格が売り主に振り込まれるというトラブルになります。
太陽光発電協会への財産処分承認申請は、J-PEAに対して財産処分承認申請書を提出し、承認を受けなければなりません。
とくに補助金を受けた方は必須です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
不動産を売却するとき、太陽光発電がついていても良いのか、価値が高い状態で売れるのか不安に感じるでしょう。
設置年数は短いほど価値は高く売れやすく、蓄電池が設置されていればより高い価格で売れるでしょう。
特殊な手続きや申請は忘れることなく、事前に方法を確認しチェックリストを作るなど、かならず手続き完了できるよう工夫しましょう。
埼玉不動産売却・買取査定ナビは、埼玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
不動産売却・買取のお問い合わせはこちらをクリック↓

サイトへのお問い合わせはこちら

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事