不動産売却が決まったら?引き渡し当日の流れを解説

不動産売却が決まったら?引き渡し当日の流れを解説

「不動産を売ろうと思っているけれど、今後どのようなスケジュールで進んでいくのだろう」「引き渡しって何をすればいいのかな」このような不安を抱えている人は多くいます。
今回は、不動産売却のスケジュールの中から、引き渡し当日の流れと注意点にスポットを当てて解説していきます。
売ろうか検討している人、スケジュールを知りたい人は必見です。

サイトへのお問い合わせはこちら

不動産売却:引き渡し当日の流れ

売買の契約が結ばれて安心していると、次にやってくるのは引き渡しです。
引き渡しは忙しくなりやすいため、準備物や当日の流れを把握しておく必要があります。
当日のスケジュールは以下のとおりです。

●司法書士による書類チェック
●登記手続き
●決済金支払い
●仲介手数料支払い
●ローン返済手続き
●抵当権抹消手続き
●重要事項説明書や不動産のカギなど、売却物件に関するものの引き渡し


これ以外にも、固定資産税や都市計画税の清算が必要な場合もあります。
売買の契約内容によって多少流れは変わりますので、事前に不動産会社の担当スタッフへ聞いておきましょう。

不動産売却:引き渡し当日の注意点

引き渡し当日の注意点は、主に3点あります。
1つずつ見ていきましょう。

物件の最終チェック

これは、売主と買主が立ち会って、物件が契約内容と相違がないかチェックする作業です。
当日におこなうことが多いのですが、引き渡しが完了してから買主と不動産会社スタッフのみでチェックする場合もあるので、どのように進めるか事前に相談しておきましょう。

午前中に決済

所有権移転登記手続きが完了すると、物件所有者が売り主から買主に変更します。
所有権が移動したにもかかわらず残代金の支払いをしない、支払いできていないことになれば、買主はお金を支払わずに不動産を手に入れてしまいます。
このようなトラブルを予防するために、登記の手続きは残金決済が完了してからおこないます。
登記手続きは双方のチェックはもちろん、登記自体に時間がかかるため、残金決済は午前中におこなわれます。
時間に追われながら進めていき、漏れやミスがあっては困ります。
時間に余裕を持って進められるようにしましょう。

持ち物チェック

先ほど冬季には時間がかかると説明しましたが、当日忘れ物をしてしまうと予想外に時間がかかってしまいます。
もし遠方に住んでいる場合、引き渡しが後日になってしまうことも珍しくありません。
このようなことがないように当日の持ち物はかならずダブルチェックしましょう。

まとめ

不動産売却スケジュールの1つ、引き渡し当日の流れについていかがでしたでしょうか。
流れや注意点は事前に知っておくことでトラブルやミスを防げます。
不安なことや不明なことは、不動産会社の担当スタッフへ相談してみましょう。
埼玉不動産売却・買取査定ナビは、埼玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
不動産売却・買取のお問い合わせはこちらをクリック↓

サイトへのお問い合わせはこちら

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事