平屋の不動産を売却するコツとは?売却で発生する税金も確認!

平屋の不動産を売却するコツとは?売却で発生する税金も確認!

近年需要が高まりつつあるのが平屋の不動産です。
そのバリアフリーなつくり、設計の自由度の高さなどから注目されつつある平屋、もし売却をお考えなら今がよいタイミングかもしれません。
しかしどんな平屋でも簡単に売れるわけではありませんので知っておきたいコツがあります。
今回はそのコツと売却時に発生する税金をあわせてご紹介します。

サイトへのお問い合わせはこちら

平屋の不動産を売却するコツとは?

階段の昇り降りが難しい高齢者や、子どもが独立した夫婦など、平屋に住みたいと考える方は増えています。
平屋をスムーズに売却するならば、まずは売却相場を調べましょう。
平屋は二階建て住宅などよりも土地面積が広いので、価格が高くなる傾向にあります。
平屋の売却相場は、不動産情報サイトで似た物件の売却額を見る方法や、公示価格や路線価から土地価格を算出する方法があります。
昔ながらの日本家屋に多い平屋ですが、築年数が古く劣化が進んでいる平屋はリフォームを検討するのもよいでしょう。
また、外装や屋根など設備の一部に不具合がある場合も、修繕してから売却したほうが需要を見込める可能性があります。
建物が古くて買い手が見つかりそうにないならば、解体して更地にして売るのも1つの方法です。
とにかく早期に売却したいということであれば、不動産買い取り業者に買い取ってもらうことを検討してもよいでしょう。

平屋をはじめ不動産を売却したときに発生する税金は?

不動産を売却するときは、以下の3つの税金が発生します。

●印紙税
●譲渡所得税
●住民税


不動産の売買契約書には、契約金額に応じて印紙を貼ります。
1万円未満の契約だと非課税になりますが、1万円以上の契約は金額に応じて印紙税が異なります。
譲渡所得は、売却額から平屋の購入価格と購入時と売却時に発生した費用を差し引いて計算します。
譲渡所得に応じた譲渡所得税と住民税が加算されます。
不動産の所有期間によっても税率が異なるため注意しましょう。
不動産を売却して発生した譲渡所得については、最高3,000万円までの特別控除が利用できる3,000万円特別控除という制度があります。
不動産の所有者1人に対して控除が利用できるので、夫婦2人が所有者だと最高6,000万円まで控除されることになりますが、利用するためにはいくつかの要件を満たすことと所定の手続きが必要ですので気になる方は国税庁のホームページなどを参考にしてみるとよいかもしれません。

まとめ

平屋の不動産の需要が高まりつつある昨今、スムーズに売却するなら、まずは保有する平屋の売却相場を把握しましょう。
リフォームや更地にしてから売る方法もありますので、状況にあわせて判断してください。
売却で得た譲渡所得については控除が受けられる可能性がありますのでぜひ頭に入れておいてくださいね。
埼玉不動産売却・買取査定ナビは、埼玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
不動産売却・買取のお問い合わせはこちらをクリック↓

サイトへのお問い合わせはこちら

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事