二世帯住宅は売りづらい?不動産の売却で押さえておきたいポイントとは

二世帯住宅は売りづらい?不動産の売却で押さえておきたいポイントとは

売却予定の不動産が二世帯住宅の場合は、売れるまでに時間がかかることもあるでしょう。
ただし、ポイントをしっかり押さえていると、スムーズな売却につなげられます。
そこで今回は、不動産の売却を検討している方に向けて、二世帯住宅を売るときのポイントについてご説明します。

サイトへのお問い合わせはこちら

二世帯住宅の不動産を売却する際に覚えておきたいこと①売りづらい理由

「二世帯住宅は売りづらい」と言われる理由は、買い手が「二世帯住宅を探している人」に限定されてしまうからです。
二世帯住宅の需要はそれほど高くないので、買い手が見つかるまでに時間がかかる可能性があります。
また二世帯住宅は、通常の一戸建てよりも建築費がかかっていることが多いため、売却価格も高めに設定されています。
このことも、二世帯住宅が売りづらい原因のひとつとして考えられるでしょう。

二世帯住宅の不動産を売却するときに覚えておきたいこと②売却のポイント

売りづらいと言われる二世帯住宅でも、ポイントをしっかり押さえておけば、スムーズな売却につなげることが可能です。
まず、二世帯住宅は通常の一戸建てよりも建築費用がかかるため、リーズナブルな中古物件を探している人もいます。
ですから、内見の希望があった場合は、その機会を生かすためにしっかりと準備を整えておきましょう。
魅力的な物件に見せるためには、掃除や整理整頓が大切なポイントです。
広く見えるように不要なものは処分して、汚れが気になる場合はハウスクリーニングも実施しましょう。
ただ、二世帯住宅として売ると、やはりターゲットは親との同居を考えている人に限定されてしまいます。
そこで、二世帯住宅の造りを生かして、他の用途を提案する方法もおすすめです。
たとえば、親世帯と子世帯がそれぞれ独立している「完全分離型」の場合は、一戸ずつ売り出すと売却価格を抑えられますし、ターゲットも広がります。
また、設備の一部や全部を共有するタイプの「一部共有型」や「完全同居型」なら、シェアハウスとしても活用できます。
その点をアピールして、不動産投資用の物件を探している人をターゲットにしても良いでしょう。
それでもなかなか売れない場合は、不動産会社に買取をしてもらうことも検討しましょう。
売却価格は多少下がりますが、すぐに売れることが大きなメリットです。
「売れずに困っている」「早く売るべき事情がある」などの場合は、ぜひ検討してみましょう。

まとめ

二世帯住宅は需要が少なめなので、売りづらいと感じることがあるかもしれません。
ただ、スムーズな売却につながる方法もありますから、いろいろと試してみると良いでしょう。
埼玉不動産売却・買取査定ナビは、埼玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
不動産売却・買取のお問い合わせはこちらをクリック↓

サイトへのお問い合わせはこちら

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事