不動産を売却するときにライフラインを解約するタイミングと方法

不動産を売却するときにライフラインを解約するタイミングと方法

売却予定の不動産にもう住んでいない場合は、ライフラインをすぐに解約したくなるかもしれません。
ただ、ライフラインによっては、売れるまで解約しないほうが良いものもあります。
そこで今回は、不動産の売却を検討している方に向けて、それぞれのライフラインを解約するタイミングと方法についてご説明します。

サイトへのお問い合わせはこちら

売却する不動産のライフラインはいつ解約する?それぞれの適したタイミング

ライフラインとは、電気・ガス・水道など、生活するうえで欠かせないものをいいます。
ですから通常は、住まなくなった時点で解約を考えるでしょう。
ただ、その不動産を売却する予定の場合は、電気と水道はすぐに解約しないようにしましょう。
その理由は、購入希望者が内見する際などに必要になるからです。
内見時に部屋が暗いと印象が良くありませんし、夏や冬はエアコンが使えないと快適に見学できません。
また水道を止めてしまうと、トイレが使えなくて困ることもあるでしょう。
他にも、内見に向けて室内を掃除する際に支障があることも考えられます。
内見は購入の決め手にもなる大切な機会ですから、購入希望者にできるだけ良い印象を与えるためにも、電気と水道は解約しないでおきましょう。
解約に適したタイミングは引渡し日ですから、日にちが決まってから手続きしましょう。
なお、ガスは内見に使うことはありませんから、解約するタイミングは売却するときです。
費用を節約するためにも、住まなくなった時点で解約しておきましょう。

売却する不動産のライフラインを解約する方法について

では、それぞれのライフラインはどのように解約手続きすれば良いのでしょうか。
解約する方法を、順番にご説明しましょう。

電気の解約方法

電気の場合は、引き渡し日の約1週間前までに、契約している電力会社に解約する旨を伝えます。
電話の他に、ホームページなどから手続きできることもあります。
当日は基本的に立ち合い不要ですが、オートロックのマンションなどは立ち合いが必要ですから、確認しておきましょう。

ガスの解約方法

ガスの場合は、売却する1週間前くらいまでに、契約している会社に連絡しましょう。
こちらも電話やホームページから手続きして、基本的に当日の立ち合いは必要ありません。
ただしオートロックの物件では必要なこともありますから、その場合は予定を空けておきましょう。

水道の解約方法

水道は電気を解約するときと同時に、管轄している水道局のホームページ、もしくは電話で手続きします。
自分で確認したい場合を除き、立ち合いは不要ですから覚えておきましょう。

まとめ

不動産を売却するときは、ライフラインを解約するタイミングに気を付けましょう。
自分が住まなくなっても、売れるまでは残しておいたほうが良いものもあるからです。
解約日が決まったら、1週間前までには手続きするように心がけましょう。
埼玉不動産売却・買取査定ナビは、埼玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
不動産売却・買取のお問い合わせはこちらをクリック↓

サイトへのお問い合わせはこちら

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事