不動産売却を検討している方に向けて「抵当権」について解説!

不動産売却を検討しているかたに向けた抵当権とは

「売却するときにはどういったことをおこなうのか」「その時に残ったローンはどうしたらいいか」など、考えることはたくさんあると思います。
不動産売却を検討している方たちのなかで、抵当権という言葉を聞いたことがないでしょうか。
ここでは、抵当権と根抵当権について説明したいと思います。

サイトへのお問い合わせはこちら

不動産売却時の「抵当権」と「根抵当権」の違い

抵当権とは住宅などの購入でお金を貸した側の担保として、不動産を確保する権利のことをいいます。
権利の効果としては、返済すれば消滅しますので、特別な手続きは必要ありません。
そのため、いつか売却することを考えているかたは、面倒な手続きなしで対応できます。
一方、根抵当権とは、通常の抵当権とは違います。
極限度額の間であれば、お金の貸し借りが何度でも出来ます。
しかし、根抵当権は当事者の合意がない限り、消滅しません。
大事な不動産できちんとした手続きを通じて、売却をしたいと思っているひとはこちらを選択しましょう。

不動産売却時に抵当権付き物件を売却する場合の権利の抹消

抵当権付き物件を売却する場合は、対応してから売却するのが理想です。
売却した額が債務より少なかった場合は、競売にかけられるかもしれない状況になる物件といった事態が起こる可能性が高いためです。
抵当権が付いたままの物件を購入する場合では売主残債を返済してもらうようにしっかりと手続きを行いましょう。
また、どうしても住宅ローンの債務があり、その返済が滞ってる場合があります。
その場合は、不動産の売買代金で残債を返済してもらうことによって、抵当権を消滅することができます。
そういった場合は、自分でおこなうか、または司法書士などに相談をしておこなうようにしましょう。
抵当権を抹消するタイミングは

●売主に手持ち資金で残債を全額返済してもらう
●取引に先立って抵当権
●全額返済の資金がない場合不動産の売買代金で残債を返済してもらい抹消してもらう


などがあげられます。
しかし、ローンを完済しても自動的には抹消されないことに注意しましょう。
ローン完済後、抵当権は登記をしてはじめて抹消されます。

まとめ

権利を抹消する際は、プロにお願いするとより確実です。
その際ちゃんと質問をしながらおこなうようにしましょう。
また、相続した不動産に抵当権がついているかを登記事項証明書で確認することが出来ます。
とても大事なことなので、確認をしっかりおこなうことをおすすめします。
このほかにも物件を売るときにはたくさんの権利やおこなうことがあると思います。
買手の売主も未来にかかわることなのでしっかり考えておこなっていきましょう。
埼玉不動産売却・買取査定ナビは、玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
不動産売却・買取のお問い合わせはこちらをクリック↓

サイトへのお問い合わせはこちら

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事