土地活用と売却はどっちにも収益性がある!土地を保有し続けるとどうなる?

土地活用と売却はどっちにも収益性がある!土地を保有し続けるとどうなる?

条件や環境によって利益が左右される土地の取り扱いは判断するのが難しく、土地活用と売却、どっちが良いのか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
今回は、土地活用と売却、それぞれのメリットとデメリットにフォーカスします。
不動産の所有に関する注意点についてもご紹介しますので、併せて把握して、所有する土地の取り扱いの参考にしてみてくださいね。

サイトへのお問い合わせはこちら

土地活用と売却はどっちが良い?メリットとデメリットをチェック

土地活用と売却はどっちを選択するのが良いのでしょうか。
まずは、それぞれのメリットとデメリットについてご説明します。

土地活用のメリット

●長期にわたって一定の収入がある
●活用法によっては初期費用の負担が少ない


土地活用のデメリット

●契約期間中は自分の都合で返してもらえない

土地活用にはさまざまな種類がありますが、長期にわたって一定の収入を得られるのがメリットです。
ただし、活用法によって収益性や費用負担は大きく異なります。
土地活用を始めると借り手がいるため、途中で活用法を変えたり、売却したりするのが難しくなるのがデメリットといえるでしょう。


売却のメリット

●土地の管理から解放される
●別の資産を保有できる
●固定資産税の負担がなくなる


売却のデメリット

●売却で発生する費用もある

一方、売却のメリットは土地を手放せ、管理の手間やリスクから解放されることです。
また、すぐに現金にできるため、投資などの別の資産に変えて保有し直せます。
毎年発生する固定資産税の支払いからも解放されますが、売却で利益が出た場合は、売却した翌年に譲渡所得税が発生します。
売却の際は、仲介手数料などのまとまった費用も必要です。
このように、どちらにもメリットとデメリットがあるため、条件や環境に適した取り扱いを考えてみましょう。

土地を所有し続けるときの注意点!土地活用と売却のどっちかを選択しよう

土地を所有し続けるときの注意点は、

●固定資産税や都市計画税の支払い
●定期的な除草や掃除


です。
土地を所有していると、なにもしなくても固定資産税や都市計画税などの費用負担が発生します。
また、定期的に除草や掃除などの管理も必要です。
たとえば、所有している土地に不法投棄された場合でも、撤去費用は所有者が負担します。
土地は所有するだけで費用が発生するため、活用や売却まで視野に入れたほうが、収益でさまざまな支払いに対応できるでしょう。
いずれにしても、じっくりと検討することが大切です。

まとめ

今回は、土地活用と売却はどっちがおすすめなのか、詳しくご紹介しました。
どっちを選択すると良いのかは、土地の条件や環境によって異なるため、専門家への相談をおすすめします。
豊富な情報量やこれまでの経験をもとに、土地の良い活用法を見つけたり、スピーディーに売却したりする手助けをすることが可能です。
埼玉不動産売却・買取査定ナビは、埼玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
不動産売却・買取のお問い合わせはこちらをクリック↓

サイトへのお問い合わせはこちら

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事