不動産売却で話題の空き家バンクとは?スムーズに取引する方法をチェック

不動産売却で話題の空き家バンクとは?スムーズに取引する方法をチェック

近年、日本では空き家の増加が問題になっており、各自治体の運営する空き家バンクにも注目が集まっています。
そこで今回は、不動産売却における空き家バンクのメリットとデメリットにフォーカスします。
プロへの売却と空き家バンクの利用はどちらがおすすめなのかについても言及しますので、今後の参考にしてみてくださいね。

サイトへのお問い合わせはこちら

不動産売却における空き家バンクのメリットとデメリットは?

まずは、不動産売却における空き家バンクのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

空き家バンクのメリット

●仲介手数料の支払いがない
●自治体によっては補助金を利用できる


空き家バンクのデメリット

●買い手に直接対応するのが負担になる
●空き家バンクの利用が不可の自治体もある


空き家バンクは、いわば売り手と買い手のマッチングサービスです。
一般的な売却のように仲介業者がいるわけではないため、仲介手数料の支払いは発生しません。
また、自治体によって異なりますが、リフォームのための補助金を受け取れるケースもあるでしょう。
ただし、仲介業者がいないということは、価格の交渉や建物の不具合などについて1人で対応する必要があります。
もちろん内見の案内や日程の調整なども個人での対応です。
トラブルに発展した場合は司法書士などの専門家を雇ったり、書類を準備したりと手間や負担が増えるため、ゆとりをもって計画することをおすすめします。
また、すでに不動産会社へ取引を依頼している物件は、空き家バンクへの登録が不可なので注意しましょう。
自治体によっては、空き家バンクを設置していないケースもあります。

不動産売却は空き家バンクよりプロへの相談がおすすめ

先述したように、空き家バンクにはメリットもありますが、デメリットも存在します。
大きな取引となる不動産では、とくにトラブルへの発展のリスクが心配ですね。
そこでおすすめなのが、プロへ依頼して売却する方法です。
空き家バンクは、費用がかからない代わりに、次々に不動産情報が登録されていく受動的なシステムとも捉えられます。
一方、プロへ依頼すると積極的な売却活動がおこなえるため、よりスピーディーに売却できる可能性が高まるでしょう。
もちろんトラブルになるリスクも防げます。
仲介が難しい場合は、不動産会社に直接買い取ってもらう方法も選択でき、状況に合わせた柔軟な対応も可能です。
慎重な検討は必要ですが、不動産売却はプロへ相談すると安心です。

まとめ

今回は、不動産売却における空き家バンクのメリットとデメリットについて詳しくご紹介しました。
空き家の維持費の負担や倒壊による損害賠償などのトラブルのリスクには、注意が必要です。
空き家バンクの活用も検討しつつ、注意点を加味してプロに相談すると、売却がスムーズに進むのではないでしょうか。
私たち埼玉不動産売却・買取査定ナビは、埼玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
不動産売却・買取のお問い合わせはこちらをクリック↓

サイトへのお問い合わせはこちら

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事