不動産売却でトラブルになりやすい地盤改良!適切な対応でスムーズに取引を

不動産売却でトラブルになりやすい地盤改良!適切な対応でスムーズに取引を

不動産を売却したあとに、施工会社などの地盤調査によって、土地の地盤改良が必要だと判明するケースがあります。
このような場合、費用負担は売主と買主のどちらになるのでしょうか。
今回は、不動産売却における地盤改良についてフォーカスします。
地盤改良に関する注意点も把握して、売却時のトラブルを防ぐための参考にしてみてくださいね。

サイトへのお問い合わせはこちら

不動産売却のあとに地盤改良が発生した際の費用負担は誰になる?

結論からいうと、不動産売却のあとに地盤改良が発生した際の費用負担は、一般的に買主とされています。
住宅を施工する際、買主が業者に依頼して、該当の不動産の地盤調査をおこなう流れからです。
地盤改良とは、長期的な耐久性に欠ける地盤であると判断された際に、杭を打ち込んで強固にする工事のことです。
場合によっては、費用が100万円以上かかることもあります。
地盤改良が必要だと判断されれば、現行では、そのまま買主が費用を負担します。
しかし、地盤調査したあとに実は改良が必要だったというのは、買主のリスクが高すぎるという意見も出てきたのです。
そのため、近年では、地盤調査まですませた不動産を売却するケースも増えています。
また、万が一地盤改良が必要になった場合は、売主が費用を負担する旨を契約書に記載するケースもあるようです。

不動産売却における地盤改良の注意点をチェック

続いて、不動産売却における地盤改良の注意点についてみていきましょう。
先述したとおり、地盤改良の費用は買主の負担が一般的ですが、契約不適合責任には留意したいところです。
契約不適合責任とは、名前のとおり、契約に適合していない不動産に対して責任を負うこと。
軟弱な地盤のことを隠していたと判断された場合、契約不適合責任が適用され、損害賠償の支払いの可能性があります。
トラブルを防ぐためには、特約として契約の際に、地盤改良については買主に負担してもらう旨を記載しておきましょう。
集客の広告で「地盤改良が必要になる場合があります」など、あいまいに表現して、実際に損害賠償の支払いを命じられたケースもあるので注意が必要です。
ほかにも、売主側が事前に解体をすませていたものの、その施工時の鉄骨やコンクリートガラが地中に残存していることが発覚したという実例があります。
このようなケースは事前に気づくことが難しいため、万が一の際にどう対応するか、契約前にきちんと協議しておくこともポイントです。

まとめ

今回は、不動産売却における地盤改良について詳しくご紹介しました。
地盤改良の費用は、買主の負担になることが多いものの、売主負担とするケースも増えてきています。
お互いに気持ち良く取引するためにも、契約書には、地盤改良の費用負担について明確に記載しておくことが大切です。
埼玉不動産売却・買取査定ナビは、埼玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
不動産売却・買取のお問い合わせはこちらをクリック↓

サイトへのお問い合わせはこちら

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事