離婚によって住宅ローンの返済が難しくなるなら任意売却も検討しよう

離婚によって住宅ローンの返済が難しくなるなら任意売却も検討しよう

離婚の際に、トラブルに発展しやすい不動産の取り扱い。
とくに、売却額で住宅ローンを完済するのが難しい場合は、任意売却の検討が必要です。
そこで今回は、離婚時における任意売却についてフォーカスします。
離婚時に任意売却するメリットとデメリット、任意売却のタイミングや注意点を把握して、今後の参考にしてみてくださいね。

サイトへのお問い合わせはこちら

離婚の際に任意売却を選択するメリットとデメリット

まずは、離婚の際に任意売却を選択するメリットとデメリットについてみていきましょう。

離婚時の任意売却のメリット

●一般的な売却とほぼ同条件で取引できる
●周囲に詮索されずにすむ
●精神的に楽になる

離婚時の任意売却のデメリット

●手続きに手間がかかる
●クレジットカードなどが利用不可


任意売却とは、債権者である金融機関の同意を得てから、一般の売却と同様に売買取引することです。
住宅ローンの支払いが難しく滞納期間が続くと、最終的に競売(強制的に物件を売却されること)にかけられます。
任意売却を選択すると、金融機関の同意を得るなどの手続きは必要ですが、一般の売却とほぼ同様の手順で販売することが可能です。
そのため、競売に比べて売却額が高くなるほか、近隣住民に詮索される心配も少ないでしょう。
家族の思い出が詰まった不動産を早めに処分すると、精神的に楽になるのもメリットです。
ただし、任意売却は住宅ローンを滞納した状態でのみ利用できる方法なので、クレジットカードなどが、一定期間利用不可になるリスクもあります。

任意売却のタイミングは離婚前と離婚後のどちらが良い?

離婚時の任意売却のタイミングは、基本的には離婚前が良いでしょう。
なぜなら、共有名義の場合は共同で、連帯保証人の場合でも確認しながらの手続きが必要なためです。
離婚後に相手と連絡が取れなくなれば、最悪の場合、そのまま競売になってしまう可能性もあります。
離婚前に協力して手続きを進め、すっきり清算したほうが、スムーズに新生活を始められるでしょう。
ただし、夫婦のどちらかが該当物件に住み続けたい場合や1人でもローンの支払いが可能な場合は、この限りではありません。

離婚によって任意売却するときの注意点をチェック

最後に、離婚によって任意売却するときの注意点についてご紹介します。

競売になる前に決断する
競売の開札期日までに売却を完了させる必要があり、スピーディーな対応が求められます。

財産分与は離婚したあとにする
売却手続きは離婚前でも、相続税の支払いの可能性があるため、財産分与は離婚したあとにしましょう。

まとめ

今回は、離婚時における任意売却について詳しくご紹介しましたが、いかがでしたか。
任意売却のタイミングは、それぞれの状況や条件によっても異なるため、よく検討することが大切です。
競売のリスクもあるため、お互いに協力して、スムーズな売却を目指しましょう。
埼玉不動産売却・買取査定ナビは、埼玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
不動産売却・買取のお問い合わせはこちらをクリック↓

サイトへのお問い合わせはこちら

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事