不動産売却時の市街化調整区域とは?特徴と売却方法を解説

不動産売却時の市街化調整区域とは?特徴と売却方法を解説

不動産を売ろうと考えている方のなかに、「市街化調整区域」に不動産をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
通常の売却と同じように進むイメージかもしれませんが、売り方にポイントがあります。
どのような特徴があるのか、そして売り方などの方法を解説していきます。

サイトへのお問い合わせはこちら

不動産売却時における市街化調整区域の特徴とは?

市街化調整区域とは、住居や商業施設などの建設は認めずに、市街化していくのを抑制するための区域を指す言葉です。
新しい建物や商業施設が立ち並ぶことを抑制する意味がありますが、住宅を建てられないわけではありません。
しかし、建築する方の割合はかなり少ないでしょう。
行政の許可が必要だったり、条件が厳しかったりと、建築だけでなく売却もかなり難しくなってしまいます。
売りやすい物件とは、開発許可が取られている、もしくは地目変更が可能な物件や土地がほとんどです。

市街化調整区域にある不動産をスムーズに売却する方法は?

売るときの注意点は、開発許可が受けられない不動産の売買です。
住宅を建てたい方にとっては利用制限がかかり、価値が急落します。
このような場合は、不動産会社へ直接売る、個人的に売る、売らずに賃貸化する方法があります。

不動産会社へ直接売る

どの会社でも売却可能なわけではありませんが、専門の不動産会社などへ直接買い取ってもらうのも選択肢の1つです。
買主を探す時間もかからず、売買契約までたどり着くか不安になることもありません。

個人的に売る

不動産会社の仲介なしに、友人や知人へ売る手段もあります。
メリットとして手数料などがかからない反面、自分たちで書類作成しなければならないのでスケジュール調整が重要です。
コツとして、司法書士への依頼を検討、事前に書類の形式をチェック、作成しておくと良いでしょう。

売らないで賃貸化する

これは最終手段と言っても過言ではありませんが、どうしても売れない場合は賃貸化する方法も検討しましょう。
売れずに手数料を払い続けるよりは収入になり、借主が購入したくなる可能性もあるため、どうしても売れないときは不動産会社へ相談してみましょう。

まとめ

市街化調整区域の土地や物件を売る場合は、建築の条件や許可が必要なことから売れにくい特徴があります。
スムーズに売却する方法として、不動産会社へ直接売る、個人的に売る方法があります。
どうしても売却に繋がらない場合は賃貸化を検討しても良いかもしれませんが、最終手段程度として覚えておきましょう。
埼玉不動産売却・買取査定ナビは、埼玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
不動産売却・買取のお問い合わせはこちらをクリック↓

サイトへのお問い合わせはこちら

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事