不動産売却時の解体工事に付随する付帯工事とは?費用を抑えるためにできること

不動産売却時の解体工事に付随する付帯工事とは?費用を抑えるためにできること

今回は、不動産を解体して売却したいとお考えの方へ、付帯工事について解説したいと思います。
「解体工事」という似た言葉もありますが、建築用語では解体工事と付帯工事は違った意味をもちます。
解体工事との違いや付帯工事の概要、費用相場について詳しく見てみましょう。

サイトへのお問い合わせはこちら

不動産を解体して売却したい方へ!付帯工事の種類と費用相場

付帯工事とは

解体工事は建物自体を解体する工事のことですが、付帯工事は建物以外のものを撤去・解体する工事を指します。
付帯工事の対象となるのは、残置物、庭にある木や石、ブロック塀やフェンスなどの付属設備です。
また、解体工事では取り扱えない、アスベストの除去作業や、地面の中に障害物が残っていた場合の地中障害撤去工事も付帯工事となります。

付帯工事の費用相場

付帯工事は、建物本体の解体工事とは異なる工事となるので、それぞれ別の業者に依頼することになります。
付帯工事の費用相場は、1坪あたり5万円から6万円で、工事によっては10万円を超えることもあります。
工事別の費用相場は次の通りです。

●庭木の撤去 1本1万円から5万円程度
●庭石の撤去 1トン1万円程度
●ブロック塀の撤去 1㎡2千円から3千円程度
●門やフェンスの撤去 1組2万円程度
●残置物の撤去 1㎡8千円から1万円程度

不動産を解体して売却したい方へ!付帯工事の費用を抑えるポイント

解体工事とは別途費用がかかる付帯工事は、なるべく安くおこなって費用を抑えたいですよね。
次は、付帯工事の費用を抑えるためにできることを、詳しく見てみましょう。

遺品整理をする

庭木や物置など、撤去すれば廃棄物になってしまうものでも、再利用できるものであれば業者に引き取ってもらえる可能性があります。
解体前に遺品整理をして、再利用できそうなものは専門業者に相談してみましょう。

撤去作業が必要か工程を見直す

付帯工事の中には、業者に依頼しなくても自分で作業ができたり、残しておいたほうが良いものがあったりします。
家具や家電などの残置物は、粗大ごみの回収に出したりリサイクルショップへ持ち込んだりすることで、費用が抑えられます。
カーポートなど自分で解体することができるものがあったり、まだ使えるものはそのまま残して売却したりする方法もあります。
解体前にもう一度、業者への依頼が必要かどうか、工程を見直してみましょう。

相見積もりを取る

複数の業者から見積もりを取ることで、工事費用の適正価格を把握できます。
工事内容や費用を比較して、予算や状況にあった業者を選びましょう。

まとめ

付帯工事とは、建物以外の付属設備の撤去・解体をする工事で、工事には庭木・庭石・ブロック塀などの撤去、アスベストの除去作業、地中障害撤去工事などの種類があります。
費用を抑えるためには、事前に遺品整理や工程を見直すこと、また複数業者から見積もりを取って適正価格を把握することがポイントとなります。
付帯工事についてもっと詳しく知りたいという方は、ぜひお気軽にご相談ください。
埼玉不動産売却・買取査定ナビは、埼玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
不動産売却・買取のお問い合わせはこちらをクリック↓

サイトへのお問い合わせはこちら

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事