不動産売却における媒介契約とは?3つの契約の種類を解説

不動産売却における媒介契約とは?3つの契約の種類を解説

マンションやマイホームなどの売却で不動産会社に仲介を依頼する場合、媒介契約を締結する必要があります。
媒介契約は3種類あり、選び方によっては結果に大きな影響を与えるケースがあるため、慎重に判断することが大切です。
今回は媒介契約とはどのようなものか、3つの媒介契約の違いを解説します。

サイトへのお問い合わせはこちら

不動産の売却時に結ぶ媒介契約とは

媒介契約とは、不動産会社に物件売却の仲介を依頼したときに、売主と不動産会社との間で締結する契約のことです。
双方の間でさまざまな条件を整理するためのもので、仲介業務に関する認識のズレやトラブルを未然に防ぐことを目的にしています。
具体的な契約内容は、売却活動に向けた業務内容や成約した際の報酬金額、契約の有効期間などです。
媒介契約は「一般媒介契約」「専属媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類に分けられ、それぞれ異なった特徴があります。

不動産売却前に押さえておきたい一般媒介契約とは

一般媒介契約は、3つの媒介契約のなかでもっとも制限の少ない契約です。
複数の不動産会社に仲介を依頼でき、広く買主を募集できる点が、大きな特徴として挙げられます。
売主が買主を見つけた際に、不動産会社を仲介せずに直接売買取引をおこなう、自己発見取引も可能です。
レインズへの登録義務は任意、募集状況に関する報告の義務などもないので、売主側から不動産会社に進捗を確認する必要があります。
契約期間は当事者同士で決められますが、一般的には3か月以内とされています。
比較的自由に売却活動ができるものの、不動産会社のサポートは少々手薄に感じるでしょう。

不動産売却前に押さえておきたい専属媒介契約と専属専任媒介契約とは

専属媒介契約とは、一社のみに仲介を依頼できる契約のことです。
一般媒介契約のように複数の不動産会社への依頼は認められていませんが、自己発見取引はできます。
契約期間は3か月とし、契約締結日の翌日から7日以内にレインズに登録しなければなりません。
また、募集状況に関する報告の義務もあり、頻度は14日に1回以上と定められています。
専属専任媒介契約は基本的な仕組みは専属媒介契約と同様ですが、自己発見取引が禁止されている点には注意が必要です。
また、レインズの登録は契約締結日の翌日から5日以内、募集状況の報告は1週間に1回以上と、より厳しい決まりが定められています。
契約できる会社が一社のみと制限があるものの、売却の状況を把握しやすく、熱心に営業してもらいやすいなどの利点があります。

まとめ

所有している物件の売却は不動産会社に仲介を依頼するのが主流です。
実際にどのタイプの契約を選ぶかは、希望する売却時期や売却価格などに応じて決めると良いでしょう。
今回ご紹介したそれぞれの違いをふまえ、適した契約方法をお選びください。
埼玉不動産売却・買取査定ナビは、埼玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
不動産売却・買取のお問い合わせはこちらをクリック↓

サイトへのお問い合わせはこちら

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事