不動産売却時にかかる仲介手数料とは?相場や上限額の計算方法を解説

不動産売却時にかかる仲介手数料とは?相場や上限額の計算方法を解説

一般的に不動産を売却するときには、不動産会社に仲介を依頼します。
仲介によって不動産の売買契約が成立した際に、成功報酬として不動産会社に支払うのが仲介手数料になります。
初めて不動産を売却する方は「仲介手数料はどの程度の料金がかかるんだろう」と心配になりますよね。
この記事では、不動産の売却を検討中の方に向けて、仲介手数料の概要や相場、計算方法について解説します。

サイトへのお問い合わせはこちら

不動産売却にかかる仲介手数料とは?

仲介手数料とは、仲介を依頼した不動産会社に成功報酬として支払う手数料のことを言います。
そのため不動産の売買が成立しなかった場合、仲介手数料はかかりません。
また、仲介手数料のなかには、仲介業務で発生する費用も含まれています。
仲介業務として、不動産会社がおこなう売却活動は以下のとおりです。

●売却する物件の広告を出す
●購入希望者の内覧の日程調整や案内
●条件の交渉や契約手続き


売却する物件のチラシを作成したり、不動産情報サイトへの広告掲載をしたりして、買主を探します。
広告を見た購入希望者から物件を内覧したいと問い合わせがあれば、売主の方に連絡をして、日程調整から案内までおこないます。
また、購入希望者から条件の希望があれば、お互いが納得のいく形で売買契約が結べるように、双方の間に立って交渉をすすめます。
これらの業務はすべて仲介手数料のなかに含まれているので、基本的には追加で手数料を支払う必要はありません。
ただし、「遠方の買主と交渉してほしい」や「広告をもっとかけてほしい」など、通常の業務範囲を超える依頼に関しては、追加料金が発生する場合があるのでご注意ください。

不動産売却にかかる仲介手数料の相場や計算方法とは?

実際に仲介手数料がいくらかかるのか、ご心配の方もいらっしゃるでしょう。
仲介手数料は、法律で売買代金に応じて上限額が定められており、規定以上の金額はかからない決まりとなっていますのでご安心ください。
上限額の計算方法は以下のとおりです。

●売買代金が200万円以下:代金の5%
●売買代金が200万円超400万円以下:代金の4%+2万円
●売買代金が400万円超:代金の3%+6万円


たとえば、売買代金が4,000万円の不動産の場合「4,000万円×3%+6万円=126万円」かかります。
なお、上記金額に、プラスで消費税もかかります。
仲介手数料は上記の上限額の範囲内で定められるため、相場についても、上限額を判断基準に見てみると良いでしょう。
弊社のほうでも、不動産売却のご相談を受け付けていますので、お気軽にご相談ください。

まとめ

今回は、不動産の売却を検討中の方に向けて、仲介手数料の概要や相場、計算方法について解説しました。
仲介手数料は、不動産会社に支払う成功報酬で、売買契約が成立したときに発生する手数料です。
この記事をぜひ参考に、不動産売却の資金計画に役立てていただければ幸いです。
埼玉不動産売却・買取査定ナビは、埼玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
不動産売却・買取のお問い合わせはこちらをクリック↓

サイトへのお問い合わせはこちら

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事