土地の売却における費用とは?必要不可欠な測量の種類と相場をご紹介

土地の売却における費用とは?必要不可欠な測量の種類と相場をご紹介

土地の売却をする際には「測量」をおこない、土地の面積を調べる必要があります。
しかし、その場合どうすれば良いのか、費用はどのくらいかかるのか、くわしくわからない方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、土地の売却で必要な測量の種類について、またその費用の相場もご紹介します。
売却を検討している方は参考にして、スムーズな売却をおこなってください。

サイトへのお問い合わせはこちら

土地売却の費用にはどんな種類がある?

土地の売却をする際には、仲介手数料や測量費用、抵当権抹消費用がかかりますが、そのなかでも今回は測量について解説します。
土地を売却する際には、ほとんどの場合で測量をおこなうことになりますが、なぜ必要なのか、どのような流れなのか気になる方も多いのではないでしょうか?
おこなう目的は、実際の土地の面積と登記簿上の面積の誤差をなくすことです。
それにより、隣地所有者と揉めるなどのトラブルを避けることができるでしょう。
測量は、土地の境界がない場合や地価の高い土地の場合、抵当権を設定する場合などに必要で、機械によって境界を確定し面積を図って図面に表します。

また測量の種類には「現況測量」と「確定測量」があります。
現況測量は境界がわかっている場合に使用され、測るだけなので確定測量よりも時間や費用がかかりません。
一方、確定測量は調査士と隣地の所有者が立ち会い、境界点に同意を得てから測るので時間がかかりますが、その分より正確な図面の作成が可能です。

土地の売却に必要な測量の費用の相場は?

測量には2つあることがわかりましたが、では実際に費用はどれくらいかかるのか気になる方も多いのではないでしょうか?
土地売却の際は、あとで隣地の所有者と揉めることを避けるため、確定測量をおこなう必要があるでしょう。
費用は、土地面積や官民査定があるかないかによって異なり、土地が公道などの国が所有する官有地と接していれば官民査定が必要です。
官民査定が不要な場合の相場は35万円~50万円程で、官民査定が必要な場合の相場はプラスで15万円~30万円程になります。
また、土地の形によっては隣地との境界点が多くなるケースがあるので、その場合は時間もかかり費用も高くなる可能性があります。

まとめ

測量は、トラブルを防ぐために必要な場合がほとんどですが、なかには不要な場合もあります。
また、費用も条件によってさまざまなので、売却予定の土地がどれに当てはまるのかしっかり確認して依頼することをおすすめします。
埼玉不動産売却・買取査定ナビは、埼玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
不動産売却・買取のお問い合わせはこちらをクリック↓

サイトへのお問い合わせはこちら

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事