不動産売却における抵当権抹消費用とは?相場や内訳はどうなる?

不動産売却における抵当権抹消費用とは?相場や内訳はどうなる?

不動産売却を検討している方で、売却の際にかかる費用について理解しておきたい方は多いのではないでしょうか?
不動産売却にはさまざまな費用がかかりますが、一体どんな費用があるのでしょう。
今回は、不動産売却時にかかる費用の1つ「抵当権抹消費用」とはなにか、またその費用と内訳について解説します。
不動産売却を考えている方はこちらの内容を確認し、不動産売却の際の参考にしていただければと思います。

サイトへのお問い合わせはこちら

不動産売却における抵当権抹消費用とは?

まず不動産を購入した際に住宅ローンを組んだ場合、抵当権を設定しなければいけません。
抵当権とは、ローンの返済ができなくなってしまった場合に、お金を貸した金融機関が不動産を差し押さえて売却できる権利のことで、登記簿謄本に登記します。
そして抵当権抹消とは、そこに登記されている抵当権を消すことです。
抵当権が不要になった場合には抵当権の抹消をおこなう必要があり、その手続きを「抵当権抹消登記」といい、これをおこなうには一定の費用がかかります。
まず「登録免許税」という登記上の内容を変更する際にかかる税金がかかり、また抵当権抹消登記の手続きを司法書士に依頼した場合には「司法書士手数料」がかかります。
司法書士に依頼せず自分でおこなうことも可能ですが、手間や時間がかかってしまうので、それを避けたい方は司法書士に依頼すると良いでしょう。
またそのほかにも、事前調査費用や登記簿謄本の確認費用などの雑費がかかります。

不動産売却における抵当権抹消費用の相場は?

不動産売却を考えている方は、抵当権を抹消する手続きには実際どれくらいの費用がかかるのか気になる方も多いでしょう。

抵当権抹消費用の相場は、2万円~2万5,000円程です。
その内訳は、まず登録免許税が不動産1個につき1,000円になるので、土地1筆・建物1つで合計2,000円になります。
次に、司法書士手数料は依頼する司法書士によって異なりますが、1万5,000円~2万円程です。
最後に、事前調査費用や登記簿謄本の確認費用などの雑費が2,000円程になります。
したがって、司法書士に依頼せず自分でおこなった場合は、司法書士手数料を引いた金額がかかるということです。

まとめ

不動産売却の際にかかる抵当権抹消費用について、どのような費用なのか、どれくらいかかるのかなど理解が深まったのではないでしょうか。
抵当権抹消費用は、司法書士に依頼するかしないかで大きく異なりますが、手間や時間を省くことができるので、自分に合った方法を選択すると良いでしょう。
埼玉不動産売却・買取査定ナビは、埼玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
不動産売却・買取のお問い合わせはこちらをクリック↓

サイトへのお問い合わせはこちら

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事