井戸がある不動産売却で注意が必要な埋め戻しについて解説

井戸がある不動産売却で注意が必要な埋め戻しについて解説

古い土地を売る場合は、敷地に井戸がないか確認しておきましょう。
土地にあるなら、埋めてからの不動産売却がおすすめです。
今回はどのように埋めるのか、どのくらいの費用がかかるのかご紹介します。

サイトへのお問い合わせはこちら

井戸の埋め戻しをする方法や費用について

不動産売却する際には、井戸の埋め戻しをしておくと良いでしょう。
埋め戻しとは、穴を埋めて更地の状態にすることです。
自分でも穴を埋めるだけならできると思うかもしれませんが、それほど簡単な方法ではありません。
ただ土砂を入れて埋めるだけでは、安全な状態とはいえないためです。
場合によっては、地盤が弱くなり建築に影響するかもしれません。
とくに不動産売却では土地を他人に譲るため、買い手が安心して住める状態にしなければならない注意点があります。
また、不動産売却後に買主とトラブルになる恐れもあります。
このような理由から、埋め戻しは重機を使った作業が必要で一般的には専門業者に依頼することが多いでしょう。
専門業者に依頼した際の費用は、10万円前後です。
費用は大きさや、コンクリートなど周りの素材によっても変わります。
高額になる場合でも、20万円までだと考えておいてください。

井戸のお祓い方法や費用について

不動産売却する前に井戸の埋め戻しをするなら、お祓いもしておきましょう。
一般的には、埋める前に神主さんに依頼しお祓いしてもらいます。
お祓いが必要な理由としては、井戸の水は神様が守ってくれていると考えられているためです。
水が枯れている場合であっても、神様が宿っているかもしれません。
不動産売却では土地が人の手に渡るため、守ってくれた神様へのお礼の意味も含めて、やっておくことをおすすめします。
事前にやっておけば、お互いに気持ちよく不動産売却の取引ができるでしょう。
埋め戻しのお祓い費用は、2~3万円程度です。
不動産売却をする本人が、近くの神社へ直接依頼しても構いません。
神社へ支払う費用は、初穂料と呼びます。
神主さんが直接来てくれるため、出張料を含んだ費用をお支払いするのが一般的です。
また、お祓いの際には、井戸の息抜き作業がおこなわれます。
息抜きとは、神様が井戸から外に出られるようにする意味と、地盤沈下を防ぐためガス抜きする目的があります。
神主さんがお祓いをしてから、解体業者が息抜きをするか確認してください。

まとめ

不動産売却の際に井戸が残されているなら、埋めておきましょう。
そのままだと買い手がつきにくくなるため、更地にしておくことをおすすめします。
埋める際には、神主さんのお祓いもしてもらうと安心でしょう。
埼玉不動産売却・買取査定ナビは、埼玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
不動産売却・買取のお問い合わせはこちらをクリック↓

サイトへのお問い合わせはこちら

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事