不動産売却における買取保証とは?メリット・デメリットをチェック!

不動産売却における買取保証とは?メリット・デメリットをチェック!

不動産の売却方法の1つに、買取保証があります。
これから不動産を売却しようという方は、どのようなシステムなのか知っておくと売却方法の選択の幅を広げられるでしょう。
今回は一般的な不動産売却の方法との違いや、買取保証のメリット・デメリットをご紹介します。

サイトへのお問い合わせはこちら

不動産売却における買取保証とは?

買取保証とは、不動産会社に仲介を依頼して一定期間売却ができなければ、その不動産を不動産会社に買い取ってもらうシステムです。
買取保証を利用するためには、不動産会社と専属専任媒介契約を結ぶ必要があります。
専属専任媒介契約とは、売却活動を不動産会社1社のみに任せるという契約方法です。
では、買取保証と普通の売却方法とではどのような違いがあるか見ていきましょう。
普通の売却方法では、その不動産が売却できるまで売却活動を続けなければいけません。
そのため、3か月で売却できてしまうこともあれば、3年経っても売却できないケースもあるでしょう。
買取保証にしておけば、ある一定期間売却できなければ不動産会社に即時買取してもらえるので、現金化したい期間内に売却できます。
離婚して不動産を早く現金化したい方や、転勤のため家を手放すので引越すその日までに売却してしまいたい方にピッタリの方法です。

不動産売却で買取保証を選択するメリット・デメリットとは

買取保証にはメリット・デメリットがあるので、普通に不動産を売却する方法と比べてどう違うのか見ていきましょう。
不動産売却に買取保証を選択するメリットは、売却期限が確定している点と瑕疵担保責任が免除される点です。
買取保証ではある一定期間売却できなければ不動産会社が不動産を買い取ってくれるので、多くてもその期間には必ず売却できます。
普通に不動産を売却するときは、売却期間が長引くと焦って無理な値引きや売却活動をしてしまうことがあります。
しかし、売却できなければ不動産会社が買い取ってもらえると考えれば、気持ち的にも余裕をもって売却活動ができるでしょう。
契約不適合責任が免除されるのもメリットです。
契約不適合責任とは、簡単にいうと契約書にない不具合が見つかった場合は、売主が責任をとらなければいけないというルール。
ですが、そもそも不動産会社があらかじめ査定をして不具合などをみつけてくれているので、契約不適合責任を心配する必要がありません。
ここまでみると、買取保証にはメリットばかりがあるように感じますが、どんなデメリットがあるか見ていきましょう。
買取保証のデメリットは、仲介より売却価格が安くなる点です。
買取保証では、仲介よりも市場価格から8割ほど売却価格が安くなるケースがあります。

まとめ

不動産を買取保証で売却すると、希望の期間内に不動産売却できるメリットがありますが、市場価格より売却価格が安くなるケースがあります。
メリット・デメリットを理解して、売却方法を検討しましょう。
埼玉不動産売却・買取査定ナビは、埼玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
不動産売却・買取のお問い合わせはこちらをクリック↓

サイトへのお問い合わせはこちら


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事