不動産売却の費用は現金で受け取れる?方法や注意点をご紹介!

不動産売却の費用は現金で受け取れる?方法や注意点をご紹介!

土地や物件などの売却契約が完了すると、1か月以内に売却費用の決済手続きが発生します。
不動産売却の費用を現金手渡しで受け取りたいと考える方は、多いのではないでしょうか。
今回は、不動産売却の費用を現金で受け取る方法やその際の注意点を解説していきます。

サイトへのお問い合わせはこちら

不動産売却の費用を現金手渡しで受け取る方法

大きなお金が動く不動産取引はスムーズで安全な銀行振り込みで決済されることが一般的ですが、希望すれば現金手渡しで受け取ることも可能です。
しかし、売主の希望だけで現金手渡しにすることはできません。
不動産売却の決済方法は、売主・買主双方の承諾を得たうえで決定する必要があります。
安全性を考慮して、現金手渡しで不動産の売却費用を受け取る場合、銀行にある契約室・不動産会社の事務所が使われます。
現金の受け渡し場所は、基本的にリスクの高い買主の意見が尊重されるので、売主の希望は通りにくいことを頭に入れておきましょう。

不動産売却費用を現金で受け取る場合の注意点

現金手渡しでの取引ができる不動産売却費用は、受け取りの際に以下の2つの注意点に気を付けなければいけません。

売買契約時に現金受領を希望する

決済方法の希望は売買を契約するタイミングで出す必要があります。
不動産費用の支払い期限は決済する方法によって異なり、買主にも多額の費用を持ち歩くリスクが生じるからです。
そのため、売買契約を交わした後に決済方法を変更や決定することは原則できません。

すぐに金融機関の口座に入金する

不動産の売却には、大きなお金が動きます。
たとえば3,000万円の不動産を売却する場合、手付金が1,000万円で住宅ローンの完済を1,500万円と仮定すれば、残金である500万円を現金で受けることになります。
現金500万円を持ち歩いたまま街中を歩くのは非常に危険なので、現金を手渡しで受け取ったらすぐに銀行で入金しましょう。
なお、不動産売却の決済は銀行の契約室でおこなわれることが多いため、決済完了後はその場ですぐに入金できます。

まとめ

不動産売却の費用は、売主と買主の希望が一致した場合なら現金手渡しで取引が可能です。
しかし、現金の受け渡し場所は基本的にリスクの高い買主の意見が尊重されます。
また、不動産売却には多額の費用が動くため、受け取り後はすぐに銀行で入金することをおすすめします。
埼玉不動産売却・買取査定ナビは、埼玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
不動産売却・買取のお問い合わせはこちらをクリック↓

サイトへのお問い合わせはこちら


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事