不動産買取の流れ!不動産買取でも利益が出れば確定申告は必要?

不動産買取の流れ!不動産買取でも利益が出れば確定申告は必要?

不動産の買取とは不動産の売却方法の1つで、不動産を不動産会社に直接買い取ってもらうものです。
通常の売却のように売却活動を通して買主を見つけるよりも、早期に現金化できるメリットがあります。
では、不動産買取はどのような流れで進めていくのでしょうか。
今回は不動産買取の流れを、情報収集から査定、買取後の確定申告までまとめます。

サイトへのお問い合わせはこちら

不動産買取の流れ!事前の情報収集で必要なポイント

不動産会社に不動産買取を依頼するときは、事前に情報収集をしましょう。
どの不動産会社に依頼するかという情報はもちろん、買取を依頼する物件が、どれくらいの価値があるのか把握しておくのがポイントです。
物件の価値を調べる方法は、不動産の成約価格を調べる方法や、不動産会社の店舗やネットで表示される物件情報で調べる方法、折り込みチラシで調べる方法があります。
今ならいくらで売却できるか相場を調べるなら、店舗やネットで表示される物件情報で調べるのがおすすめです。
実際にいくらで取引されたかを知りたいなら、成約価格を調べると良いでしょう。
成約価格を調べるには、レインズ・マーケットインフォメーションをチェックするのがおすすめの流れです。
レインズ・マーケットインフォメーションは、国土交通大臣指定の不動産流通機構が運営・管理している不動産流通標準情報システムです。
地域や土地面積、築年数などをネットのフォーマットに入力し、成約価格を調べることができます。

不動産買取の査定の流れ!2つの査定方法の違いとは?

不動産買取を依頼したい物件の事前調査をしたら、不動産会社に査定を依頼しましょう。
不動産会社による査定には、簡易査定と訪問査定があります。
簡易査定は、物件がだいたいどれくらいで買取してもらえるのかすぐに知りたいときにおすすめの方法です。
物件の築年数や構造をネットにあるフォーマットに入力すれば、だいたいの査定額を表示してもらえます。
訪問査定とは、実際に物件を確認して査定する方法です。
細かい部分まで確認し、不明点は聴取しながら査定をするので査定終了までに時間がかかります。
ある程度、買取を依頼する不動産会社が決まってから訪問査定を依頼する流れが良いでしょう。

不動産買取後の流れ!買取後は確定申告が必要?

不動産買取が決まったら、最短1週間で取引が完了します。
不動産買取後の流れは確定申告ですが、確定申告が必要なケースと不要なケースがあるので見ていきましょう。
不動産買取で確定申告が必要なのは、利益が出た場合です。
利益が出ると所得が増えることになるため、確定申告して税金を納めます。
確定申告の必要がないのは、買取で損失が出た場合です。
ただし、確定申告をすると、損失が出た分の税金を控除する制度を利用できることがあるので、確定申告の必要がなくても申告手続きをすると良いでしょう。

まとめ

不動産買取の流れについてご紹介しました。
不動産買取は最短1週間で取引が完了するので、不動産を早く現金化したい方にぴったりの方法です。
そして、買取が完了したら、確定申告をします。
確定申告の必要があるのは利益が出た場合ですが、損失が出ても確定申告すれば税金の控除制度が利用できるかもしれないので確認してみましょう。
埼玉不動産売却・買取査定ナビは、埼玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
不動産売却・買取のお問い合わせはこちらをクリック↓

サイトへのお問い合わせはこちら


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事