ライフステージの変化に合わせた最適な不動産売却をご紹介

ライフステージの変化に合わせた最適な不動産売却をご紹介

一昔前までは、一つの家に何世代もの家族が同居し、子どもが代々家を相続するのが当たり前でした。
しかし、現在は核家族化が進み、結婚や出産などライフステージに合わせて住む家を変えることが当たり前になってきました。
そこで、ライフステージの変化に合わせた買い替えや不動産売却についてご説明します。

サイトへのお問い合わせはこちら

ライフステージの変化①出産前での不動産売却

ライフステージの大きな変化の一つは出産です。
このタイミングでの買い替えには以下のメリットがあります。

●新しい家族を迎えるに十分な空間を確保できる
●資金計画が立てやすい
●子育てに適した環境を選べる
●引っ越しが楽


出産前に買い替える場合、先に不動産を購入するか売却してから購入すべきか迷うかもしれません。
売却してから購入だと新居が見つからないリスクがあるため、ローンを完済していたり金銭的に余裕がある場合は先に購入すると良いでしょう。
逆にローンがまだ残っている場合は資金調達できないリスクがあるので、先に不動産を売却しましょう。

ライフステージの変化②子どもの独立後の不動産売却

出産と同じぐらい大きなライフステージの変化は子どもの独立です。
このタイミングでの買い替えには以下のメリットがあります。

●夫婦二人で住むには広すぎる家から老後を考慮したコンパクトな家に移ることで負担を減らせる
●老後の生活を考えて利便性の良い都市部に引っ越せる


なお、子どもの独立後の不動産売却では、築年数や子ども部屋などの理由で、リフォームをしないと売れないかもしれません。
しかし、リフォームをしても必ずしも費用を回収できるとは限りません。
また物件価格が高くなって逆に買い手にとっての魅力が薄れたり、リフォームが買主の趣味に合わないという理由で売却できない可能性もあります。
そこで、大掛かりなリフォームはせず、劣化が激しい箇所の修繕、インスペクション、ハウスクリーニング、庭の整備など、最低限の処理だけしましょう。

ライフステージの変化➂親が亡くなったタイミングでの不動産売却

親が亡くなったあと、誰も住まないという理由で売却する方は少なくありません。
しかし、親名義であることで売却できずに困っている方も少なくありません。
親名義の不動産売却は、まず相続登記する必要があります。
相続登記は必要書類を集めるのが大変で、登記申請書の作成に時間がかかるため、自分で行うのは難しいかもしれません。
司法書士に頼めば、印鑑証明書以外を代理で取得してもらえるほか、登記申請書も作成してもらえます。
また税金は、相続税、登録免許税、印紙税、譲渡所得税の4つがかかります。
なお、家が小規模の場合、小規模宅地等の特例で大幅に節税できます。

まとめ

出産、子どもの独立、老後とライフステージの変化に合わせて不動産売却される方は多くいます。
それぞれのライフステージの変化に合わせて適切な不動産売却をおこなうようにしましょう。
埼玉不動産売却・買取査定ナビは、埼玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
不動産売却・買取のお問い合わせはこちらをクリック↓

サイトへのお問い合わせはこちら


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事