離婚時に住宅ローン返済中の物件を売却する場合の対処法

離婚時に住宅ローン返済中の物件を売却する場合の対処法

なんらかの事情で離婚をすることになってしまった際には、財産分与をおこなうことになります。
夫婦で住宅ローンを組んでいてまだ残債がある場合には、どのように財産を分けると良いのでしょうか。
売却の際にできるだけトラブルを避けるための対処方法について、あらかじめ知っておきましょう。

サイトへのお問い合わせはこちら

離婚で売却する場合の住宅ローンの確認方法とは

離婚をすることになったら、婚姻している期間に築いた財産の分与をおこないます。
2人で支払っていた住宅ローンは、負債であって資産ではありません。
負債の場合は、財産分与をする必要はありません。
住宅ローンの支払いは、名義となっている方に義務があります。
住宅の査定を受け、査定価格が住宅ローンの残債より下回る場合には、売却することでローンを完済できます。

離婚時に住宅ローンが残っている不動産を売却する方法

離婚をすることが決まり、自宅を売却する場合の具体的な手順などについてご紹介いたします。

ローンの契約内容を確認する

離婚後家に住み続けず売ることを検討する場合には、まず住宅ローンの契約内容や残高を確認しましょう。
夫婦で連帯債務者や連帯保証になっている場合には、住宅ローンを完済する必要があります。

夫婦どちらがか住み続けたいと希望する場合

まず家の査定を受けて価値を調べます。
算出された査定金額と、住宅ローンの残高とを比較します。
アンダーローンの場合、通常の方法で家を売却すればローンを完済できます。
そして残った金額が財産分与の対象となります。
オーバーローンの場合、債権者の許可を得て売却をする任意売却をおこないます。
任意売却の場合は、売却ができてもローンはまだ残りますので、引き続き名義人には支払いの義務があります。

夫婦どちらがか住み続けたいと希望する場合

夫婦のどちらかが、学校などの都合で離婚後もその家に居住し続けたい、と希望する場合もあります。
その場合には、リースバックをして住み続ける方法もあります。
リースバックとは売却をした後、住みたい人が買い手と賃貸借契約を結ぶことで、賃料を支払い、引き続き居住が可能になる方法です。
リースバックは、不動産会社が買い手となることが多いです。

まとめ

夫婦でローンを支払っていて離婚となった際には、家を売ることで財産分与をする方法があります。
オーバーローンかアンダーローン、どちらかで売却方法も変わってきます。
売却についての詳細は、不動産会社に相談をするようにしましょう。
埼玉不動産売却・買取査定ナビは、埼玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
不動産売却・買取のお問い合わせはこちらをクリック↓

サイトへのお問い合わせはこちら

\ ホームページ 毎日更新中 /

 

埼玉県富士見市で不動産買取・売却でお悩みならご相談ください

埼玉不動産買取査定ナビ


不動産|売りたい|不動産買取|ふじみ野市|土地

 

埼玉県ふじみ野市上福岡1丁目15-7

TEL 049-256-7142 FAX 049-256-7143

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事