不動産売買などで必要とされる固定資産評価証明書とは?

不動産売買などで必要とされる固定資産評価証明書とは?

物件を売買したり相続や贈与の際には、固定資産評価証明書の提出が求められます。
これはどのようなことが記載されている書類かを説明いたします。
他にも、取得が求められる用途、取得方法などについて詳しく解説をいたします。

サイトへのお問い合わせはこちら

不動産売買などで必要な固定資産評価証明書の内容とは

固定資産評価証明書とは、建物や土地の不動産の評価額を公的に証明した書類です。
固定資産税の税額の根拠となる固定資産課税台帳の転記です。
物件の評価額や、不動産の面積、所有者などの内容が書かれています。
固定資産公課証明は、固定資産税評価証明書の記載事項に加えて、課税相当税額が証明されている書類です。

不動産売買などの際に必要となる固定資産評価証明書の用途

必要とされるのは、主に以下のケースです。
用途によって、必要とされる証明書の年度が違うことに注意が必要です。
5年より前にさかのぼって申請するのは難しくなるため、早めの申請がおすすめです。

不動産登記をするとき

物件を売買したり、相続が発生すると、所有権移転登記の手続きが必要となります。
登記の変更の際には、固定資産評価証明書を提出します。
申請日の年度の証明書の取得が必要です。

相続税と贈与税の申告

相続で不動産を取得したり、贈与の場合には新しい所有者に税金が課せられます。
税金を申告する際には、固定資産評価証明書の添付が必要です。
相続や贈与の場合には、開始された年度の証明書の提出が求められます。

不動産関係の訴訟

不動産にかかわる訴訟においても、不動産の価値を明確にする必要があるため、固定資産評価証明書が必要となります。

不動産関連において固定資産評価証明書の取得方法とは

市町村の役所窓口で依頼することができます。
自治体によって変わりますが、300円ほどの手数料がかかります。
市町村によっては、コンビニエンスストアなどでも取得することができます。
申請するのが所有者本人の場合は、本人確認のために身分証明書の提出が求められます。
また、本人以外の人が申請する場合には、所有者の委任状が必要となります。
郵送によって申請依頼をすることも可能です。

まとめ

不動産の売買や相続などの際、提出が必須となる書類のひとつです。
取得方法は市町村役場の窓口に行くことや、郵送でおこなうことができます。
提出する用途などによって、必要とされる証明書の年度が違うことに注意しましょう。
取得方法などの詳細については、それぞれの市町村役場に問い合わせをすることがおすすめです。
埼玉不動産売却・買取査定ナビは、埼玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
不動産売却・買取のお問い合わせはこちらをクリック↓

サイトへのお問い合わせはこちら

\ ホームページ 毎日更新中 /

 

埼玉県富士見市で不動産買取・売却でお悩みならご相談ください

埼玉不動産買取査定ナビ


不動産|売りたい|不動産買取|ふじみ野市|土地

 

埼玉県ふじみ野市上福岡1丁目15-7

TEL 049-256-7142 FAX 049-256-7143

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事