不動産売却をしたいが土壌汚染されている?売却価格に影響はあるのかをご紹介

不動産売却をしたいが土壌汚染されている?売却価格に影響はあるのかをご紹介

不動産売却をしたいものの、売却したい土地に土壌汚染の可能性があれば、あらゆるトラブルが起こります。
そのためこれから不動産売却をする場合は、売却前に土壌汚染調査をするのがおすすめです。
しかしその分、手間や費用を負担しなければならないためおこないたくない方も多いでしょう。
そこでこの記事では、これから売却をする土地に土壌汚染がある場合はどうなるのか、土壌汚染になっているか調べる方法などをご紹介します。
これから土地を売却したいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

サイトへのお問い合わせはこちら

不動産売却をする際に土壌汚染による売却価格への影響とは?

土壌汚染で懸念されるのが、売却価格への影響です。
土壌汚染対策法の基準値を超える土壌汚染がある場合は、売却価格への影響はおろか、売買契約が取り消される恐れもあります。
さらには買主から多額の損害賠償を請求されることもあるのです。
土壌汚染調査には費用が発生するものの、土壌汚染は健康への影響と対策費用のコストバランスの悪さを考えるとおこなうべきものといえます。
売主が土壌汚染の可能性があると知っているにも関わらず、買主へ伝えなければ民法96条の詐欺罪に該当する可能性もあります。
土壌汚染のまま土地売却をするのはリスクが大きいものであるため、土壌汚染調査をおこなうのがおすすめです。

土壌汚染がある不動産売却の効果的な売却方法とは?

土壌汚染除去費用は安いものではありません。
地価の安い地方の土地ほど高くなる傾向にあります。
土壌汚染の土地を効果的に売却するには次の方法があります。

●土壌汚染かどうか調べる
●容認してもらえる買主を探す


土壌汚染の費用が高い場合は、容認してもらえる買主を探しましょう。
土壌汚染を容認している買主であれば、費用を抑えての汚染除去で合意を得られる可能性があります。
同業者などであれば、土壌汚染を容認しやすい傾向にあります。
マンションデベロッパーは土壌汚染に対して厳しいため、買主として選ぶには不適切です。
土壌汚染のある土地を売却するには土壌汚染除去をおこなうか、土壌汚染を容認する買主を探しましょう。

まとめ

この記事では不動産売却をする際に土壌汚染がどのように売却価格に影響するかをご紹介しました。
土壌汚染はバレなければ良いや、という意識で黙って売買をおこなうと、損害賠償を求めれることにもなります。
トラブルを起こさないためにも、多額の費用を発生させないためにも、買主に知らせず取引をおこなうのはやめましょう。
記事で学んだことを参考にして、土壌汚染の土地をトラブルなく売却してみてください。
埼玉不動産売却・買取査定ナビは、埼玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
不動産売却・買取のお問い合わせはこちらをクリック↓

サイトへのお問い合わせはこちら


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事