不動産売却に必要な建築確認通知書とは?紛失した場合の対処法を解説

不動産売却に必要な建築確認通知書とは?紛失した場合の対処法を解説

不動産売却をおこなうときには、建築確認通知書という書類が必要です。
しかし、この建築確認通知書がどのような書類か知らず、紛失した場合もどうしたら良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、不動産売却を検討している方に向けて、建築確認通知書の概要と紛失した場合の対処法を解説します。

サイトへのお問い合わせはこちら

不動産を売却するときに必要な建築確認通知書とは?

建築確認通知書とは、建築物の建築確認が完了していることを証明するための書類で、確認済証や建築確認済証と呼ばれることもあります。
建築確認とは、建築物の設計が建築基準法に適合しているかを審査する行政行為のことで、工事開始前に建ぺい率や容積率などがチェックされます。
建築確認通知書は申請から3週間程度で発行されますが、家の引き渡しのタイミングで受け取ることが一般的です。
不動産の売却と引き渡しが決定した際には、対象の物件が違法建築ではないことを証明する書類として、不動産会社に提出する必要があります。
また、建築確認通知書は、住宅ローンの申請や家をリフォームするときにも提出が必要な書類です。

建築確認通知書を紛失してしまったときはどうすれば良いの?

建築確認通知書を家の引き渡し時に受け取ったまま、どこに保管したのかわからないというケースもあるでしょう。
建築確認通知書を紛失した場合、再発行はできませんが、建築計画概要書、または台帳記載事項証明書を準備することで対応ができます。
建築計画概要書とは、建築計画の概要や検査などの履歴が記載されている書類です。
建築確認番号や検査番号、取得年月日が記載されていますので、この書類を発行してもらえば、必要な情報を確認できます。
建築計画概要書は、役所の建築指導課の窓口で閲覧・発行ができますが、料金やルールは各自治体により異なりますので、事前に問い合わせしておくと良いでしょう。
台帳記載事項証明書とは、建築確認通知書を紛失したときに、代わりに発行してもらえる証明書です。
不動産売却をおこなう際には、建築確認通知書の代わりとして不動産会社に提出できます。
役所の建築指導課の窓口で発行可能ですが、料金が自治体により異なり、発行に必要な情報や書類もあるため、事前に確認することをおすすめします。

まとめ

今回は、不動産売却を検討している方に向けて、建築確認通知書の概要と紛失した場合の対処法について解説しました。
建築確認通知書を紛失しても、あらたに別の書類を発行すれば対応可能ですが、費用や手間が必要です。
書類をまとめるファイルボックスなどを活用し、確実に保管しておくと良いでしょう。
埼玉不動産売却・買取査定ナビは、埼玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
不動産売却・買取のお問い合わせはこちらをクリック↓

サイトへのお問い合わせはこちら


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事