不動産売却時の物件資料ってなに?揃えたほうが良い理由も含めて解説!

不動産売却時の物件資料ってなに?揃えたほうが良い理由も含めて解説!

不動産売却の際には、さまざまな書類が必要です。
権利証や本人確認書類など必須な書類は数多く存在しますが、なかには必ずしも揃える必要のない書類があります。
物件資料と呼ばれるそれらの書類は、揃えることで何かメリットがあるのでしょうか。
今回は物件資料について、詳細な必要性までご紹介します。

サイトへのお問い合わせはこちら

不動産売却における物件資料とは?

住民票や各種証書など必須の書類のほかに、あると査定がしやすくなる書類のことを、物件資料といいます。
代表的な物件資料は、以下の3つです。

パンフレット

物件購入時のパンフレットや説明書があると、買い手は詳細な情報が得られます。
手元に残してあるか、売却前に確認してみましょう。

地盤調査報告書

物件を建てる前などに、地盤改良工事が必要か調査するものです。
住宅の下の地盤が軟らかいと、建築物の重みに耐えられず地盤沈下を起こしたり、住宅が傾いたりする可能性があります。
そのため、地盤に問題があれば工事をおこなう必要があります。
地盤調査報告書など、物件の構造を示す資料は分かりやすい指標になるため、用意できると売却に有利です。

インスペクションの結果報告書

建築士の資格を所有する検査員が、目視や計測でおこなう物件の現状調査を、インスペクションといいます。
主に柱や屋根、外壁などの耐久力や、雨水の浸入を防げているかを確認するものです。
インスペクションに合格した報告書があれば物件の品質を証明できるため、売却に有利です。
インスペクションの報告書は専門の業者に依頼し、5万円程度で取得できます。

不動産売却に物件資料は必要なの?

不動産売却において、情報開示がされている物件は、比較的買い手が付きやすい傾向にあります。
中古の物件でも、情報が多ければ買い手は安心して購入できるのです。
そのため買い手が付いてからではなく、不動産の売却を思い立った時点で資料を揃えると売りやすくなります。
遅くても売却査定前には、必要資料を揃えるようにしましょう。
また売却を前提で新築を購入した場合には、パンフレットなど物件資料を手元に残しておくと、売却時に有利になります。

まとめ

物件資料は必須の書類ではありませんが、不動産は開示できる情報が多いほど買い手が付きやすくなります。
買い手に安心して購入して貰うためにも、揃えられる書類は早い段階で準備しましょう。
買い手の立場に立ってどのような資料が必要かを考えると、より不動産売却を有利に進められます。
埼玉不動産売却・買取査定ナビは、埼玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
不動産売却・買取のお問い合わせはこちらをクリック↓

サイトへのお問い合わせはこちら


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事