不動産売却をスムーズに!不動産を売るときに必ず確認すべきこととは?

不動産売却をスムーズに!不動産を売るときに必ず確認すべきこととは?

不動産を売るときは、事前に確認するべきことが多数あります。
売主自身が不動産の現状を把握することで、トラブルの回避や高値での売却に繋がるため、物件の状態把握は非常に重要なポイントです。
今回は、不動産売却をよりスムーズに進めるために、事前に確認しておきたいポイントをご紹介します。

サイトへのお問い合わせはこちら

不動産を売るときの名義確認

不動産売却前に、まずは売却する不動産の名義が誰かを確認する必要があります。
現在の名義は、登記簿謄本や権利証(登記識別情報通知)で確認できます。
もし不動産が遺産相続したものであれば、亡くなった方から相続人に所有権を移す義務がないため、名義も変更されていない可能性が高いです。
この場合、名義変更をおこなってから不動産の売却を進めなければいけません。
また共同名義の方がいる場合には、売却に全員の了承が必要です。
必要書類を共同名義の方が所有している場合もあるので、必ず一緒に不動産売却を進めるようにしましょう。

不動産を売るときの土地・建物の状態確認

不動産を売る際、土地や建物の状態が原因でトラブルになることは珍しくありません。
とくに、土地の境界に関するトラブルが多いです。
買主と隣人が納得すれば良いのですが、買主がトラブルを避けて購入をやめてしまうこともあります。
そのほかにも、境界を屋根や木の枝が飛び出ている場合などもありますので、あらかじめ確認しておきましょう。
木の枝など事前に対処できるものは、売却前に良い状態にしておくと良いです。
また、雨漏りや害虫など建物に問題がある場合にも、売却前に必ず確認しましょう。
補修工事をせずに売る場合は、欠陥を買主に伝える義務があるので注意が必要です。

不動産を売るときの周辺環境の確認

不動産自体は一見問題がなくても、周辺環境が悪いこともあります。
近隣トラブルが起きるかは入居者次第ですが、あまりにも劣悪な環境の場合は、売主が責任を問われることもあります。
騒音や日当たりなどに不安があれば、一般的に見て教養範囲であるか、担当者に相談しましょう。
また、不動産は最寄り駅から近い物件ほど高く売却できる傾向にあります。
最寄り駅までの距離や、基準法で定められた道路に敷地が接しているかなど、周辺環境を詳しく確認しておくと良いです。

まとめ

不動産を売るときに確認しておきたいポイントについてご紹介しました。
名義や土地・建物にくわえ周辺環境まで、売主が幅広く現状を理解することが重要です。
もし欠陥を伝えずに売却してしまうと、知らなかったとしても売主が責任を問われることがあります。
買い手に安心感を与えるためにも、売却前にしっかりと確認しておきましょう。
埼玉不動産売却・買取査定ナビは、埼玉県限定で買取保証付き売却・直接買取を行える会社のみが対応致します。
お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
不動産売却・買取のお問い合わせはこちらをクリック↓

サイトへのお問い合わせはこちら


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-256-7142

営業時間
10:00~19:00
定休日
なし

埼玉不動産売却犬の画像

埼玉不動産売却犬

部署:不動産売却窓口

不動産売却、不動産買取いずれの売却需要に対して、お困りごと解決させていただきます!
埼玉県内を中心で、不動産をなんとか売りたい、現金化したい、スピード感もって成約まで行きたい。などあらゆる場面での幅広いご提案が可能ですので、お困りごとあれば、まずはご相談を!

埼玉不動産売却犬が書いた記事

関連記事